【新聞掲載】キングアガリクスは一般的なアガリクスよりも栄養成分が豊富として紹介

新着情報, 新聞・メディア情報

2020年1月7日

キングアガリクス新聞掲載記事

キングアガリクスに関して、【一般的なアガリクスよりも栄養成分が豊富】、【エビデンス(有用性データ)がある】製品として、健康食品・サプリメントの業界誌=日本流通産業新聞2020年1月1日号に掲載されました。

 

以下、主な記事の内容(薬機法順守のため、掲載写真と記事を一部修正)

キングアガリクスについて

「KA21株」という菌株を用い、ブラジルで露地栽培を行ったアガリクスが「キングアガリクス」だ。他のアガリクスとは異なり、β-グルカンやビタミンDを豊富に含有する。

キングアガリクス農場

(ブラジルの露地栽培農場)

キングアガリクス

(ブラジルで露地栽培されたキングアガリクス)

サイズの違い

(サイズの比較 左:一般的なアガリクス 右:キングアガリクス)

β-グルカン含有量

ビタミンD

キングアガリクスの研究体制について

同社では、幅広い分野でエビデンスを集積しており、国際的な学術誌に掲載された論文数は、約30本にも及ぶ。

東栄新薬株式会社

(アガリクスメーカー最多となる28本の国際論文を発表)

キングアガリクスに関する研究成果は、2018年に開催された第39回動物臨床医学会年次大会や、2019年9月に中国で開催された国際薬用キノコ学会でも発表している。

キングアガリクス

(国際薬用キノコ学会での発表の様子)