二十四節気:小雪(11月22日~12月6日頃)

2018年11月22日

小雪

執筆者:北原 淳子

暦の上では11月22日から『小雪』をむかえます。

寒さが増し、雨がそろそろ雪に変わり始め、冬が一層深まります。

・・とはいえ、まだ冬本番には及ばず、山には雪が降りはじめますが、

平地に雪が降り積もるのはもう少し先に!

時折、春のようにポカポカ陽気に包まれる日もありますね!

旧暦では小雪の時期にあたる10月を『小春』と呼び、

ふと訪れる春のように温かい日を『小春日和』といいます。

冷たい空気、ふんわりと温かい日差し、カラカラと落ちる落ち葉!

冬晴れの日には、心地よい風情を思いっきり感じるのも良いですね。

『こたつ開き』って知っていますか?

こたつ開き

江戸時代、イノシシは炎の神・神使と言われ、火難を逃れると考えられていたため、

『亥(い)の月、亥の日』に暖房器具を出したと言われています。

亥の月の最初の亥の日は武家が、2番目の亥の日は庶民が出したとか・・・

2018年の亥の月最初の亥の日は11月3日(土)

2018年の亥の月2番目の亥の日は11月15日(木)

そして3番目の亥の日は11月27日(火)です。

地域によって差があると思いますが、こたつをまだ出していない方は

この日に出してみてはいかがでしょうか?

なんだか今年の冬は、暖冬と予報も出ていましたが寒暖差があるように思われます。

体を冷やさないように、冬を元気に乗り越えたいですね!!

参考:枻出版社 『にっぽんの七十二候』

投稿者プロフィール

北原淳子

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

日本食品食品保健指導士

NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

日本成人予防協会認定 健康リズムカウンセラー

日本商工会議所 全国商工会連合 2級 販売士