シンガポールで開催された国際展示会(Vitafoods Asia)に出展しました

2018年9月18日

展示会

9月11日~12日にシンガポールのマリーナ ベイ サンズの展示会場で開催された、サプリメントの国際展示会Vitafoods Asiaに出展しました。

Vitafoods Asiaの概要

健康食品・サプリメントの国際展示会

参加者:約3,500人 企業間取引(B to B)がメインのため、参加者のほとんどがサプリメント販売会社のバイヤーさんです

日時:2018年9月11日~12日

会場:マリーナ ベイ サンズ展示会場(シンガポール)

Vitafoods

舟がビルの上に乗っているデザインで有名なホテル【マリーナ ベイ サンズ】

一昨年までは香港で開催されていましたが、昨年からシンガポールに開催地が変更になり、弊社は今年で3年連続の出展です。

開催地であるシンガポールはもちろん、マレーシア、タイ、インドネシアなどASEAN諸国や、インド、韓国、中国、ロシアなどのバイヤーさんにブースを訪問していただきました。

自分で言うのもなんですが、ブースは大盛況で、2日間で200名を超えるバイヤーさんにお越し頂き、2日間ともお昼ご飯を食べる時間がなく、ずっとブースで応対し続けたため最後は声もかすれ気味でした。

Vitafoods

展示会

展示会

どのバイヤーさんにも、まず聞かれることは、【安全性・有用性を裏付ける独自の研究データがあるかどうか】です。

海外のバイヤーさんは、研究データに関しては非常にシビアで、自社製品のオリジナルデータがないと、話を聞いてすらもらえません。

自社オリジナルのデータの例:

×アガリクスにはこのようなデータがある → 他社データの流用の可能性が高いのでNG

○自社で販売しているキングアガリクスにはこのようなデータ(論文)がある → OK

キングアガリクスに関するデータは、アガリクスメーカーとしては国内でもトップとなる28本の国際論文があります。海外バイヤーさんにはその点を非常に高く評価していただき、展示会ではキングアガリクス製品の取り扱いに関する問合せを多数いただきました。

論文数

キングアガリクスに関する研究は現在も続いており、今年から来年前半にかけてさらに2本の国際論文を発表できる予定です。

今後も研究開発を継続し、得られた研究データをもとに海外進出も積極的に行っていこうと思います。

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー