キノコに含まれる食物繊維について

2018年10月29日

キノコ

執筆者:元井章智

最近、気温が下がり紅葉も進んできて、秋らしさを実感できるようになりましたね。

秋と言えば食欲の秋、キノコのシーズンでもあります。

キノコ類には、最近【第6の栄養素】として様々な健康効果が期待される食物繊維が豊富です。

(ちなみに、5大栄養素とは【たんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミン】です。)

今回のコラムでは、いろいろなキノコに含まれる【食物繊維】の量を比較してみました。

キノコに含まれる食物繊維の量

普段よく食べるキノコに食物繊維がどのくらい含まれているか?を文部科学省の【日本食品標準成分表2015年版(七訂)】を参考に調べました。

この表には、各食品の基準となる栄養素、ビタミン、ミネラル類などが記載されています。

キノコの食物繊維

上の表は、「えのきたけ」の記載事項から抜粋したものですが、「生、ゆで、油いため、味付け瓶詰」とそれぞれの料理方法ごとに細かく記載されています。

今回はこの中から、「生」で記載されている食物繊維の総量を比較したいと思います。

以下が、その抜粋です。(100gあたり=おおまかにスーパーなどで売っている1パックに相当します)

えのきたけ3.9g、しいたけ(菌床栽培)4.2g、しいたけ(原木栽培)5.5g、ぶなしめじ3.7g、ほんしめじ1.9g、なめこ3.3g、エリンギ3.4g、まいたけ3.5g、マッシュルーム2.0g、まつたけ4.7g

表にすると下になります。

食物繊維

100g(約1パック)あたり

1日の食物繊維摂取の目安量(*1)が成人男性で20g、成人女性18gですが、実際の摂取量(*2)は男性13.1g、女性12.4gとかなり不足しています。

キノコ類は食物繊維を豊富に含みますので、キノコ鍋にしたり、他の食物繊維が豊富な食材(玄米、豆類、イモ類、野菜、海藻類)と一緒に積極的に摂ることをお勧めいたします。

*1 厚生労働省 食事摂取基準 18歳~69歳の目標量より

*2 厚生労働省 平成28年度国民健康・栄養調査 40代男性・女性の平均値より

元井章智

PS.

キングアガリクスには、生ではなく乾燥100gあたり22.2gの食物繊維が含まれます。

1日3g摂ると666㎎の食物繊維を摂取することができます。

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー