暑さを乗り切ろう

2018年7月26日

酷暑

執筆者:北原 淳子

 今年の夏は災害的な暑さで、各地で最高気温を更新しています。

熱中症など命を落とす人も増え、本当に深刻な問題になってきています。

昨年から、薬膳教室に通い勉強中ですが、今回はそこで学んだ今の時期に必要な

健康の秘訣を紹介いたします。

夏の空気が体に影響して病気を起こす原因を『暑邪(しょじゃ)』といいます。

暑邪による発病は、季節性が高く、夏至から立秋までに発生します。

暑邪の特徴

① 高熱が出たり、顔が赤くなったりと熱の症状が出ます。

② 毛穴が開き、汗を出します。

汗が出過ぎると身体の水分も一緒に出てしまい、

息切れ、脱力、いらだち、夏バテの症状が出やすくなります。

③ 心の状態をかき乱すので、落ち着きがなくなります。

④ 気候が暑いだけでなく、雨が降ることも多いのでジメジメします。

それが熱で蒸されて湿気となり、空気中の湿度が高くなるので、

暑邪の病は、湿邪と一緒になって人体を傷つけます。

症状の特徴としては、体温の上昇、のどの渇き、四肢のだるさ、悪心嘔吐、下痢など

暑邪の症状

汗が出る、身体が熱い、口が渇く、顔が赤い

対処法

夏野菜

◎ 身体の熱を冷ます食材を食べる。

ゴーヤ、セロリ、きゅうり、トマト、緑茶など

◎ 身体を潤す食材を食べる。

豆腐、オクラ、アスパラガス、きゅうり、レンコン、冬瓜など

◎ 湿邪の影響もある時には、湿を排出する力のある食材を食べる。

小豆、はと麦、とうもろこしのひげなど

◎ 唐辛子などの辛い食べ物はますます発刊するので控えめにする。

お勧めの食材は、夏野菜!!

旬の食材を取り入れることで、健康な身体を維持することが出来ます。

参考:food and life 薬膳フードデザイナーテキストより

投稿者プロフィール

北原淳子

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

日本食品食品保健指導士

NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

日本成人予防協会認定 健康リズムカウンセラー

日本商工会議所 全国商工会連合 2級 販売士