AED(自動体外式除細動器)講習会を開催していただきました

健康栄養コラム

2017年5月25日

 

AED講習

 

大切な人を、家族を、命を守るため、

万が一のことが起きた場合、心肺蘇生やAED(自動体外式除細動器)の使い方、

けがの手当など、応急手当はできますか?

 

 

私は、野外活動などをしているので、毎年、救急講習会を受講しています。

実際の救助活動もしたことがありますが、いざそのような場合が起きると

一瞬どうしたらよいかわからなくなってしまいます。

最近、震災など災害も多く、最低限の救急法は身に付けたいものですね。

 

そのようなことを解決するためにキャノンシステムアンドサポートさんでは

AEDを使ったCPR(心肺蘇生法)講習サービスを行っています。

今回は、ご縁があってキャノンさんの資格保有者の方から

AEDを使った心肺蘇生講習会60分コースを学びました。

 

○事故が起こった時、傷病者を発見した時は、まずどのように救命処置に取り組み、

何を気をつけなくてはならないのか?

 

○心拍が止まっていた時、AEDを使った「心肺蘇生」をいち早くすることで

どれだけの命が助かるか?

 

AEDが普及すれば、救命率が上がり、社会復帰もできるという事です。

AEDは音声で誘導してくれますので、誰でも使えるようになっています。

いざという時はどうしても慌ててしまいます。

何度も練習することで、いざという時にきちんと対処が出来るとよいですね。

 

AED講習

 

実際に人形を使い胸骨圧迫をやってみて、

「こんなに大変なことだと思わなかった」

「救急講習を受けることの大切さを知りました」との感想を漏らしていました。

受講した人にはこんなカードをもらえました!

AED受講証

 

皆さんもいざという時のために、

救急講習会を機会があれば受講してみて下さい。

 

ケーエーナチュラルフーズ 北原

 

 

健康栄養コラム

Posted by 北原淳子