こんな4月の行事、知っていましたか??

健康栄養コラム

2017年4月6日

上高地

 

待ちに待った春の到来!!

春は新年度の始まりで、新生活をスタートする方も多くいらっしゃると思います。

暖かくなる季節で、動きやすくなります。

健康のために、今年は何か始めてみるのも良いのではないでしょうか?

まずは、心地よい春を求めて、近所をお散歩してみてはいかがでしょうか?

 

 

旧暦の3~4月上旬に、本格的に農作業や漁労が始まり忙しくなる前に

野山や水辺に出かけ、草花や景色を楽しみ、

お弁当やお酒飲みながら歌ったり踊ったりして、春の訪れを喜び一日を過ごす

『山遊び』、『野遊び』、『磯遊び』などという行事があります。

 

『山遊び』

日本人は自然や暮らしの中に神様がいると考え、

常に神様の存在を意識して暮らしています。

山遊びは、山の神を迎える風習が変化したもので、

この日は重箱にお煮しめや焼き魚などを詰め、

見晴らしのよい高い山に登り、山の神様を迎えるための行事でした。

日程は地域によって日にちを決めていますが、

東北地方では4月17日に行われることが多いようです。

 

『磯遊び』

海に近い地方で、旧暦3月3日の節句や春の時期に、

人々が浜辺に出て遊ぶ、潮干狩りも、

『山遊び』と同じような目的の行事となります。
もともとは雛流しのときに、水辺に出てけがれをはらう行事が

変化したものと言われています。

都(みやこ)では雛人形を飾る雛祭りの風習が、

九州西部や沖縄県の島々一帯では磯遊びの風習が行われています。

 

遊びにも意味があったなんて・・・

 

 

『山遊び』『磯遊び』のお弁当の中に入っていた【お煮しめ】

お弁当

 

根菜類を中心に作る野菜のお煮しめは、ビタミンとミネラルが豊富に含まれ、

生活習慣病の予防に優れた食べ物です。

根野菜に多く含まれるカリウムが体内のナトリウムを調整し、

食物繊維が腸内の老廃物を排出し、免疫力強化に有効に働く一品です。

塩分が気になる方は、塩分を控えて、大さじ1の酢を入れてよりヘルシーに!

煮もの

 

【材料:4人前】

里芋(大):2個 たけのこ(小):1個 人参:1本 れんこん:(小)1個

ごぼう:1本 こんにゃく:1枚 干し椎茸:4枚 高野豆腐:4枚

A【しいたけの戻し汁+水:3カップ 醤油:大さじ2 酒:大さじ1

みりん:大さじ1 酢:大さじ1 キングアガリクス100:1袋】

 

【作り方】

  1. 里芋は皮をむき一口大に切る。
  2. たけのこのかたい部分は1cm厚さの輪切りにし穂先は縦に切る。
  3. 人参は皮をむき一口大の乱切りにする。
  4. れんこんは皮をむき一口大の乱切りにし酢水に放す。
  5. ごぼうは皮をこそげ一口大の乱切りにし水に放す。
  6. こんにゃくは熱湯でゆで、5~6mm厚さに切り手綱にする。
  7. 干し椎茸はたっぷりの水で戻し、石づきを取り、かさは半分に軸は輪切りにする。
  8. 高野豆腐は水で戻し、4~6等分に切る。
  9. 鍋にAを入れて、(1)~(8)までの材料を入れ火にかける。
  10. 煮立ったら弱火にして約1時間煮る。
  11. 煮汁が少なくなったら火を止め出来上がり。

暖かくなるとなんだか活動的になりますね!

今年は公園や山、川など自然と親しんでみてはいかがでしょうか?

 

ケーエーナチュラルフーズ 北原

 

健康栄養コラム

Posted by 北原淳子