アミノ酸について

2016年11月14日

アスパラガス

執筆:元井章智

突然ですが、【アミノ酸】って聞くと

パッと何をイメージしますか?

(さすがに、アミノ酸=アスパラガスをイメージする方は

ほとんどいないと思います。

この写真を入れた理由は最後にご紹介します)

やはり、スポーツドリンクなどの

【アミノ○○○】、【アミノ■■■■】、、

とイメージする方が多いのではないでしょうか?

ドリンク

中には、「タンパク質は【アミノ酸】でできている」

と聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません

この、よく耳にする【アミノ酸】という言葉

なんとなく「体にいい」というイメージがあるかと思います

ではなぜ、アミノ酸は体にいいのか?

その理由を以前、調べたことがありますので

今週から2週間に渡ってご紹介いたします。

11月14日 「アミノ酸とは? アミノ酸の役割」

11月21日 「アミノ酸を多く含む食品」

それでは、今週は「アミノ酸とは? アミノ酸の役割」についてご紹介いたします

アミノ酸とは?

たんぱく質を構成しているのがアミノ酸

タンパク質

アミノ酸はタンパク質を構成している成分で、タンパク質は何種類ものアミノ酸が結合したものです。

私たちの身体の60~70%は水分で、約20%がタンパク質です。内臓や骨格、筋肉や皮膚、爪や髪はもちろんのことホルモンなども含め、ほとんどがタンパク質でつくられています。「私たちの身体は水とアミノ酸でつくられている」と言っても過言ではないのです。

自然界には、約500種類のアミノ酸が確認されていますが、私たちの身体のタンパク質を構成しているアミノ酸は、その中の20種類。食べた食物のタンパク源は、体内で20種類のアミノ酸に分解された上で、腸から吸収されています。

「必須アミノ酸と非必須アミノ酸」

これら20種類は、体内で合成できるかどうかによって、2つに分けられます。体内で合成できないものを『必須アミノ酸』といい、9種類あります。残る11種のアミノ酸は『非必須アミノ酸』と呼ばれ、体内で合成でき、不足すれば補うことができます。

『必須アミノ酸』は体内でつくりだせないため、食事で摂取しなくてはなりません。また『非必須アミノ酸』は、非必須と言っても生命活動には必要なものであり、必要量が多いものはもともと存在する体内のタンパク質を分解して合成されるため、やはり食事でタンパク質を十分に摂ることが重要になります。

必須アミノ酸(9種類)

ロイシン、イソロイシン、バリン、メチオニン、スレオニン、トリプトファン、

フェニルアラニン、リジン、ヒスチジン

非必須アミノ酸(11種類)

グリシン、セリン、グルタミン、グルタミン酸、プロリン、チロシン、システイン、

アラニン、アスパラギン、アスパラギン酸、アルギニン

アミノ酸の役割

アミノ酸の多彩な役割

アミノ酸は身体をつくり、さまざまな機能を正常に保つために、極めて重要な働きをいています。20種類それぞれに違った働きがあり、アミノ酸全体の役割として大きくまとめると下の6つの働きがあります。

成長促進、体力維持

子供の成長

子どもから大人へ成長を促すとともに、新陳代謝を活発にし、健康を保ちます。

筋力向上、疲労回復

筋肉

筋肉をつくり、維持・強化し、激しい運動などによる疲労の回復を促します。

リラックスと快眠効果

快眠

脳がリラックスした状態をつくりやすくし、心地よい眠りをサポートします

美肌、美髪効果

美肌

コラーゲンやキューティクルをつくり、肌にハリをもたせ、髪の毛の水分を保ちます。

肝機能の向上

肝臓

アルコールやアセトアルデヒドの代謝を早め、肝機能を高めます

免疫力の向上

免疫力

免疫細胞を活性化し、マクロファージなどの働きをサポートします。

アミノ酸は、以上のような多種多様な役割を持ちます。

それでは、このアミノ酸を摂るには、どのような食事がいいのでしょうか?

次週、11月21日はアミノ酸を多く含む食品をご紹介いたします

食事

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

元井章智

PS.

冒頭でご紹介したアスパラガスとアミノ酸の関係

アスパラガス

アミノ酸は、植物・動物を問わず地球上のあらゆる生き物にとって、生命維持の重要な物資であり、いわば全ての生命の素です。1806年に、アスパラガスの芽からアミノ酸が初めて発見され、アスパラギンと命名されて以来、ゼラチンからグリシン、筋肉や羊毛からロイシンなど、1935年までにタンパク質を構成するすべてのアミノ酸が発見されました。

遠い宇宙から落ちてきた隕石や、古代の化石の中からもアミノ酸が見つかることがあり、現在でもそれらのアミノ酸から生命起源の謎を解く研究が続けられています。

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー