カビの世界

2016年10月11日

執筆:元井章智

カビ

10月1日~2日に開催された第60回日本医真菌学会に参加してきました。

学会

この学会は、感染所の中でも真菌(カビやキノコ)に関連する病気や、治療法などを対象にしていて、医師(皮膚科など)の他にも、薬剤師、獣医師、検査技師の先生方が参加されています。

キノコは八百屋さん(最近ではスーパーの野菜売り場といった印象が強いのかもしれませんが)で売られていることから、野菜の一種と思われている方が時々いらっしゃいますが、

キノコは立派な真菌=カビの仲間。

そしてもちろん、私たちのキングアガリクスも真菌に分類されます。

今回は、20年ほどキングアガリクスの研究を継続して頂いている

東京薬科大学薬学部免疫学教室から

キングアガリクスに関する6本の学会発表がありましたので

東栄新薬株式会社として出展、

私自身も学会に参加して来ました。

学会出展

(展示ブース前)

学会発表

(学会発表ポスターの前で)

今回はアガリクスの主成分であるβ(ベータ)-グルカンに関する発表がメインでした。

学会開催期間中は

展示ブースでキングアガリクスの説明やシンポジウムに参加

その他、会場内をいろいろと見て回っていたところ

展示スペースで顕微鏡を発見!!

顕微鏡

病気に関連する「カビ」が展示されていましたので

その様子を今回のコラムでご紹介いたします。

「カビ」の世界

顕微鏡

学会展示会場には、6台の顕微鏡が置かれていて

それぞれ5種類くらいの「カビ」の標本が置かれていました

(標本は金沢医大、千葉大、理研、明治薬大より提供)

顕微鏡の前に座り、カビの標本をセット

カビ

対物レンズ(この時は20倍)を設定して、焦点を合わせます

(接眼レンズの倍率は不明です)

顕微鏡

そして見えてきたのがコチラ

カビ

Aspergillus nidulans (アスペルギルス ニデュランス)

菌糸の先が帽子のようになっているのが特徴です。

フミガタス

Aspergillus fumigatus (アスペルギルス フミガタス)

先ほどのニデュランスの仲間なので、形も似ています。

さまざまな環境中に存在し、実はほとんどの人が毎日吸い込んでいます。

健康な人なら問題ないですが、免疫力が低下している方だと、アスペルギルス肺炎などの原因菌となります。

ニガー

Asperugillus niger(アスペルギルス ニガー)*ニガーは「黒」という意味です

黒カビとも言われ、非常に一般的なカビ

梅雨時に食パンなどを放置してしまうと、、、残念ながら良く見かけることができます

β-グルカンに関するアガリクスの研究などでも使用しています

ニガー

続いてコチラ↓

どちらも非常に有名なカビが原因となる病気の原因菌です

水虫菌

Trichophyton rubrun (トリコフィトン ルブルム)

水虫菌

Trichophyton mentagrophytes (トリコフィトン メンタグロフィティス)

これらのカビは白癬菌(はくせんきん)の一種で、引き起こす病気は、、、

「水虫」です

足の水虫の原因はほとんどこの2種類のカビが原因です

ちなみに白癬菌は足以外にも様々な場所に生じ、場所によって

頭部白癬(しらくも)、体部白癬(たむし)、股部白癬(いんきんたむし)、手部白癬は手の水虫、爪白癬は爪の水虫と言われます。

今回は、カビの顕微鏡の画像をご紹介しましたが、

実は、カビは抗生物質(ペニシリン)の元となったり

チーズなど食品とも非常に強い関わりがあります。

今後、時間があるときに、生活に役立つカビなどについてもご紹介したいと思います。

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー