ベトナム出張と肝炎

2016年4月7日

IMG_6989

執筆:元井章智

(ベトナム ハノイの旧市街)

私たちのキングアガリクスの研究成果は

英語で海外の学術雑誌に掲載されていますので

時々、海外からも商品に対するお問い合わせを頂きます

これまで

アメリカ、ロシア、イタリア、スイス、ドイツ、インド、

サウジアラビア、中国、韓国、台湾など

さまざまな国と地域から問合せを頂き

実際に、アメリカ、ロシア、中国、香港、台湾などに輸出している実績があります

今年からベトナムにもアガリクス製品の輸出が始まり

商品に関する様々なデータをご紹介するために

2週間ほど前にベトナム ハノイに出張に行ってきました

打ち合わせは1日の予定で

以下のようなスケジュールです

9:00に通訳さん、ベトナムの代理店さんと

私が宿泊しているホテルのロビーで待ち合わせ

その後、ホテルの会議室で

キングアガリクスのデータをご紹介

昼食

午後は先方の会社に移って

ベトナムの医療事情の説明や

キングアガリクスの販売方法に関して打ち合わせ

夕食

ベトナムと日本の時差は2時間

当日の朝はすっきりと目が覚めて

9:00に通訳さん、代理店さんと予定通り会うことができ

午前中はキングアガリクスのデータ紹介がメインでした

代理店さんには以下のことを評価して頂き

今回のお取引となったそうです

○データがそろっていること

○日本国内でトップの研究実績があること

安全性や有用性に関するデータがそろっている

通関や販売開始に必要な資料などもすぐに用意してくれた

(本当に多くの書類が必要とされました

特に安全性・有用性に関するデータが細かく要求され

国内のサプリメントメーカーでもしっかりと対応できる会社は

非常に少ないのではないかと思います)

○Made in Japan であること

(キングアガリクス100の原産地はブラジルですが

日本国内で製品化しているので

国際取引上はMade in Japanになります)

○自社での販売実績があること

株式会社ケーエーナチュラルフーズにはコールセンターがありますので

直接、お客様対応を行っている実績がある

(お問い合わせに対するQAがあること)

その他

○添加物が入っていないこと

○販売実績が伸びている会社であること

といったことを評価して頂いたとのことです

午前中のミーティングが一段落し

昼食は何が食べたい?と聞かれたので

ベトナム料理をリクエスト

ベトナム料理と言えば「生春巻き」をイメージしていたのですが

春巻きは「生春巻き」だけでなく

他に「焼き春巻き」と「揚げ春巻き」もあるそうです

IMG_7003

「生春巻き」の他、「焼き春巻き」と「揚げ春巻き」

ベトナム料理のランチを美味しく頂いた後

代理店さんの会社を訪問しました

まず応接室に通されたのですが

内装の派手さにあっけにとられました

IMG_6944

応接室の写真

所せましと装飾品、調度品が飾られています

IMG_6946

立派な象牙とホーチミンさんの肖像

親しみを込めて「アンクル ホー」と呼ぶそうです

応接室で一息ついて

(実際には珍しい装飾品をいろいろと見させてもらっていました)

今度は会議室に

会議室も応接室を負けず劣らずの装飾品の数々

IMG_6951

IMG_6948

テーブルの真ん中にトラとヘビの置物がありました

落ち着かない中、午後の打ち合わせに入り

主にベトナムの医療体制などの状況を教えて頂きました

○ベトナムで多い疾患

最近は、癌が徐々に増えてきているけど

それよりもベトナムでは

ウィルス性肝炎の感染者数が非常に多く社会的にも問題になっている

ベトナムの人口:8971万人(2013年)

B型肝炎:1200万~1600万人 (ベトナム人口の10~20%)

C型肝炎:400~500万人 (ベトナム人口の約6%)

日本の患者数を比較すると

日本の人口:1.27億人

B型肝炎:患者数 約7万人  キャリア数(推定) 約110~140万人(人口の約1%)

C型肝炎:患者数 約37万人 キャリア数(推定) 約190万~230万人(人口の約2%)

(キャリアとはウィルス感染していても症状が出ていない状態のこと)

ベトナムのB型肝炎の比率(10~20%)に比べると

日本の比率(約1%)が非常に少ないですね

食生活?衛生状態?

なんでここまで違うのかは解りませんでした

その後、

B型肝炎、C型肝炎、癌などに

現在、どのようなサプリメントが使われているか

キングアガリクス100をどのようにして販売していくか

などに対する意見交換を行いミーティングは終了

ミーティング後にもお食事をご一緒し

お互いに、十分な意見交換を行い

今後に活かせる良好な関係を構築することができました

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

サイン1

PS.

IMG_6969

ベトナムの代理店の方と

PPS.

帰国後、先方から依頼を受けた資料などを作成していた際に

B型肝炎の患者数がなぜ、そこまで違うのか?

が気になって調べてみたところ

日本のB型肝炎の感染者が少ないのは

国のB型肝炎母子感染対策によるものだそうです

そのため

出産時の母子感染が抑えられ

現在20歳以下の人は、ほとんどB型肝炎のキャリアはいないそうです

今回、ベトナムに行って

はじめて国がB型肝炎対策を行っていたことを知りました。

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー