第18回日本抗加齢医学会総会に参加しました

2018年5月25~27日

抗加齢医学会

弊社社長 元井章智が第18回日本抗加齢医学会総会(2018年5月25~27日 大阪)に参加しました。

今回の学会について

第18回日本抗加齢医学会総会の概要

2018年5月25日~27日 会場:大阪

参加人数:6,037名

毎年、国内外の最新情報が紹介されていますが、今年はアンチエイジングに関する以下のような講演、シンポジウムがありました。

●光と老化の関係(光環境とエイジング)

●老化すると免疫機能がどのように変わるか(免疫老化の最前線)

●睡眠と老化の関係(抗加齢医学における睡眠衛生)

●環境が老化にどのような影響を与えるのか(環境因子とアンチエイジング)

●見た目がうつくしく老いるには

●口の中の細菌が全身にどのような影響を及ぼすのか(口腔内細菌叢から全身の健康を科学する)

3日間かけてアンチエイジングに関する最新の講演を聞き、どの講演も非常に勉強になりました。なかでも最も印象に残ったキーワードとメッセージを2つご紹介したいと思います。

見た目はその人の健康状態を表している

今回の大会長 山田先生(近畿大学医学部)の講演【アンチエイジングと環境】で紹介されていました。

【見た目はその人の健康状態を表している】

健康状態が良いか悪いかは、その人の見た目(外見)に表れ

見た目がいい人には、健康状態がいい人が多い

逆に健康状態が悪い人は、見た目も悪そう(不健康そう)に見える

アンチエイジングに関していえば

見た目が若々しい人は、健康状態も若い頃の状態を維持しいて

見た目が老けている人は、健康状態でも老化が進んでいることが多い

今まであまり考えたことはなく、

日常生活の中で自然に人の見た目から判断していました

改めて言われてみると、概ね当てはまり非常に納得していました。

見た目も、健康状態も若々しくありたいですね

20歳の顔は、自然の贈り物 50歳の顔は、あなたの功績

赤澤先生(金沢医科大学)のご講演【人は血管とともに老いる】の中で紹介されていた、ファッションブランド シャネルの創業者ココ・シャネルの言葉です。

説明の必要がないかと思います。非常に印象的なメッセージでした。

見た目だけでなく、健康に関しても、日々の積み重ねが大切ですね。

なお、赤澤先生のご講演の中でうかがいましたが、耳たぶにナナメのシワがあると毛細血管の老化の指標となるそうです。

来週(6月11日)のコラムから、今学会で学んだ内容をご紹介したいと思います。

東栄新薬株式会社

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

元井章智

PS. 日本抗加齢医学会の概要

日本抗加齢医学会

医師、薬剤師などの医療従事者が中心の学会で「抗加齢=アンチエイジング」を目標に掲げている学会で8,000人以上(2017年3月現在)が学会員として登録しています。一般的な医学会は、「日本糖尿病学会」「日本脳神経外科学会」といったように病気や●●科(耳鼻咽喉科、皮膚科など)ごとに分かれていて、それぞれの専門的な内容を対象としています。それに対して、抗加齢は様々な病気や科に関連することから、科などの垣根を越えて様々な分野の専門家が集まる珍しいタイプの学会です。

学会ホームページ http://www.anti-aging.gr.jp/

各分野の最新情報を勉強できることから、私自身、学会員として登録し、2014年から年一回開催される総会に毎年参加しています。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー