【いつでも、どこでもできる健康づくり その2】

2018年3月15日

さくらみち

執筆者:北原 淳子

お取引先である多摩信用金庫様の

法人総合サービスでは、毎月いろいろなセミナーが開催されています。

2月26日(月):

一般社団法人

ぴんしゃんウォーキング協会理事

小野寺 MARIKO氏

ぴん!とした姿勢でしゃん!とした気持ちで、

いつまでも自分の足で歩ける喜びを!

『いつでも、どこでもできる健康づくりウォーキングレッスン』

に弊社の社員が参加してきました。

ウオークチラシ

先週は、正しい立ち方、姿勢でないと、

身体にゆがみや痛みが生じることをお伝えしました。

今週は、ウオーキングレッスンの一部をお届けします。

 正しい姿勢で歩くには…

 腕振り
 腕振りで肩甲骨まわりをほぐす

① 足は肩幅に開き動かないように立つ。

② 両手を軽く握り、ひじを90度に曲げて、テンポよく30回、腕を振ります。

注意:後ろに引く、肩甲骨を動かすことを意識します。

 体側を伸ばして、内臓から元気に

① 足は肩幅くらいに開く。

② 「前ならえ」のように両腕を前にだし、手の甲を内側にむけます。

③ クロスして、手のひらを合わせ、上がるところまで持ち上げます。

※肘は曲がっていてもOK

③ 腰を右にひねった時、上半身を右斜め後ろにひねります。

④ 腰を左にひねった時、上半身を左斜め後ろにひねります。

息を吐き出すように「シュッ、シュッ」といいながら左右20回。

 胸の開閉運動で肩甲骨を動かそう

① 足は肩幅くらいに開く。

② 「前ならえ」のように両腕を前にだし、肘を曲げて両手を胸の中心に持ってくる。

③ 肩甲骨を動かすイメージで肘を前、後ろと寄せていく。前後10回。

※肘が前に来る時に息を吐き出し、後ろに引く時に吸う。息は止めないこと!

 すり足にならないようにかっこよく歩くためには…

かっこよく歩く

 足首を軟らかくしてケガの予防、冷えやむくみの軽減にも

① 足は肩幅くらいに開く。

② つま先を持ち上げておろす。かかとを持ち上げておろす。

③ テンポよく、つま先上げ、かかと上げを30回。

 足の蹴り上げで歩くのに大事な筋肉を鍛えヒップアップ

① 足は肩幅くらいに開く。

② 膝を曲げて、左のかかとを左の尻にけり上げ、おろす。

③ 膝を曲げて、右のかかとを右の尻にけり上げ、おろす。

④ 左右テンポよく、30回。

※ かかとがお尻につかない、膝が曲げずらい人は、太ももが固く伸びにくいのが原因かも?

太ももや膝の周りを自分でほぐしてみましょう。

 体側を伸ばして、姿勢良く

① 足は肩幅くらいに開く。

② 「前ならえ」のように両腕を前にだし、手の甲を内側にむけます。

③ クロスして、手のひらを合わせ、息を吸いながら、肘が曲がらないところまで上げる。

④ 2~3秒キープ。

⑤ 息を吐きながらゆっくり胸の位置まで戻す。上下、5回。

 歩く前になぜ体操が必要か…

肩や肩甲骨を動かすことで骨盤や脚の付け根が連動してほぐれ、軽くなる。

肩甲骨をほぐすことで、良い姿勢を長い時間保つことができる。

かかと、小指、親指、股関節にも力が入る。

血液の流れが良くなる。⇒心臓の動きも良くなる。

下半身のバランス調整を担う内転筋が鍛えられる。⇒膝の痛みの軽減、美脚

 美しい歩き方は…

仙骨

骨盤の中央にあり、背骨の下端に位置する骨、仙骨を立てて歩きます。

仙骨が正しい位置にないと、背骨の並びにもゆがみが出て、自律神経失調症になりやすいので、常に注意をしていく必要があります。

とても重要な骨という事ですね!

 なんと……体操をした1時間後の歩き方は!

歩く

上記の体操を一通りして、再度同じ様に一列で歩きました。

すると…講師の方、そこに同席されていたたましんの従業員の方もびっくり!!

「先程と全然違う歩き方になっていますよ!」

「私たちの前に風が通り過ぎたように爽快でしたよ」と絶賛!

皆さん顔を合わせて笑顔になっていました。

笑顔

最初に歩いた時のドスドス感がなくなり、「シュッ、シュッ」と

本当に風を切ったように歩けていたと思います。

今回のセミナーを通して、姿勢、歩き方がいかに健康に影響を

及ぼしているかというのを学べてよかったと思います。

私も歩く時に意識して仙骨を立てて、肩甲骨を動かすようにしています。

気分も明るく、前向きな気持ちに自然になってきますね。

セミナーから帰ってきた社員はとても生き生きしています。

朝の朝礼では、毎日「シュッ、シュッ」と、元気に一日が始まります。

毎日元気に笑顔で!とても大切な事ですね。

投稿者プロフィール

北原淳子

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

日本食品食品保健指導士

NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

日本成人予防協会認定 健康リズムカウンセラー

日本商工会議所 全国商工会連合 2級 販売士