「健康経営」セミナーに参加してきました その2

2018年2月1日

執筆者:北原 淳子

健康のびのび

お取引先である多摩信用金庫様の

法人総合サービスでは、毎月いろいろなセミナーが開催されています。

1月24日(水):

アリーザレクト株式会社  代表取締役

東京商工会議所認定 健康経営アドバイザー

上久保 知洋氏

企業力を向上させる「健康経営」セミナーに参加してきました。

セミナー

先週は、『健康の定義、健康経営』について紹介しました。

健康に保つことが、良い生活、良い仕事ができると言うことで、

社員の健康を管理することが企業に求められています。

そんな時代でも、会社任せでなく、生活の中で意識を変えていくと

より良い人生が送れます。

当り前のことですが、良い食事、運動を心がけることで手に入れることができます。

セミナーで教わったポイントを紹介します。

個人で出来る健康法

「食」を考えよう

健康な食事

人間の体はおよそ、60%は水分、20%は脂肪、

残り20%は、骨・臓器・筋肉・血管・皮膚などのたんぱく質によって構成されています。

体質は「身体の質」のことを指し、その「身体」は食べたものから出来ています。

そのため口に入れる食事の質を変えることが「体質改善」になります。

食事の注意点

食事は、「タンパク質」「脂質」「糖質」「食物繊維」「ビタミン」「ミネラル」をバランスよく取る。

・「糖分」は取りすぎると集中力を阻害するので、食べ方、食べる量に注意が必要。

・「タンパク質」に「糖質」がくっつくと「タンパク質」が劣化します。

それが血管に溜まると老化が進み、心筋梗塞・脳梗塞の原因となります。

・食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピード=GI(グリセミック・インデックス)値を意識する。

GI血が低い食べ物は、ゆっくり吸収されるので腹もちが良い。

血糖値を突然あげたり、下げたりするとうつ病の原因にもなりやすい。

先に食物繊維を入れておくと糖の吸収スピードを抑える事ができる。

普段の食事をするときに気をつけたいこと
  1. バランス良く食べる
  2. 良くかむ(30回くらい)
  3. 3食すべて食べなくても良い
  4. 夕食は減らす
  5. 食べ順を守る(食物繊維→タンパク質→糖質)
  6. 炭水化物(糖質)を完全に抜くのはだめ
  7. 高タンパク・低糖質・低脂質の食事を心がける

あなたはいくつできていますか?

できることから、はじめてみましょう。

からだを動かそう(筋肉を鍛えよう)

ジョギング

人は息をするだけでもエネルギーを使いますが、

消費できるカロリー量は限られています。

バランスのとれた良い食事をし、余分な脂肪を燃やすことが大事です。

それには筋肉がないと脂肪は燃やせません。

筋肉を鍛えると男性ホルモンが分泌され、下記のような効果が現れます。
  1. 意欲・決断力・判断力の向上
  2. 血管を正常に保つ
  3. 脂肪の燃焼を促進
  4. うつ病の予防
  5. 老化防止

筋肉トレーニングと聞くと、

ジムなどに通ってマシーンを使ってやらなければ、

なんだか大変そう、わかっていても続かない・・・・など

「私は無理~」と、聞こえてきそうですが、

難しい事はありません。

毎日の生活の中で、仕事の合間にできることを教わりました。

簡単エクササイズ

スクワット

簡単なエクササイズをできることから、1日3回だけでいいのでやってみましょう。

できたら、少しずつ回数を増やしていくようにしてみましょう。

毎日できる回数で、続けていくことが大切です。

今日、できなかったとしてもあきらめず、続けてみましょう♪

  1. スクワット

足は肩幅に広げる。

足先は少し外側にむける。

背中は丸めず、まっすぐにする。

腕はひじを伸ばし、前に出す。

息を吸いながら、お尻を突き出し、太ももが地面と平行になるまで上体を下げる。

息を吐きながら立ちあがる。

  1. ツイストクランチ

足は肩幅に広げる。

左手を手のひらを上にして前に伸ばしひじをまげ、右膝を90°より高くあげ、身体をねじりながら、ひじに近づける。

反対側も同じように行う。

  1. 腕立て伏せ

壁や机を利用してやってみましょう。

肩幅に手をついて、手のひらを大きく広げます。

ひじを横に広げるのではなく、脇をしめてひじを後ろに引きます。

  1. リアレッグレイズ (お尻すっきり)

椅子につかまり、片足を少し後ろに引きます。

膝を曲げずにまっすぐ後ろに上げます。

反対側も同じように行う。

  1. チェアカーフレイズ

椅子につかまり、上半身をまっすぐに保ち、踵を2~3cm上にあげる。

そのまま5秒静止、ゆっくり降ろします。

毎日、できることからコツコツと!

いつまでも健康でいたいですね!

投稿者プロフィール

北原淳子

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

日本食品食品保健指導士

NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

日本成人予防協会認定 健康リズムカウンセラー

日本商工会議所 全国商工会連合 2級 販売士