「健康経営」セミナーに参加してきました その1

2018年1月25日

執筆者:北原 淳子

健康

お取引先である多摩信用金庫様の

法人総合サービスでは、毎月いろいろなセミナーが開催されています。

1月24日(水):

アリーザレクト株式会社

代表取締役 上久保 知洋氏

東京商工会議所認定 健康経営アドバイザー

企業力を向上させる「健康経営」セミナーに参加してきました。

セミナー

『健康』の重要性をあらためて考えるとても良い機会でしたので、紹介させていただきます。

「健康」とは?

「病気でない」「弱っていない]といった元気な状態はもちろんですが、

何かをする時、常に100%のパフォーマンスを発揮出来る状態であることが重要です。

不定愁訴(病気ではないがいつも腰がだるい・・など)を抱えると、

人は65%の能力しか発揮できないそうです。

WHO(世界保健機構)の『健康の定義』から考える7つのチェック

  1. 何を食べてもおいしい
  2. よく眠れる
  3. 疲れを覚えない
  4. 快便
  5. 風邪気味でない
  6. 体重が大きく増減しない
  7. 毎日が明るく楽しい

あなたは、いくつチェックがつきましたか?

「心」「頭」「体」健康のバランスがとれていることが大事、

この7つ全てが備わっていることが健康と言えるのです!

少しでも○を増やしたいですね。

昔は、健康管理は個々で行うものでしたが、これからは企業が従業員の健康づくりを

戦略的に実践していく「健康経営」をすることが企業にとって重要だということでした。

「健康経営」のメリット!

  1. 企業:従業員満足度、業績の向上
  2. 従業員:パフォーマンス、生産性の向上、家族も安心
  3. 社会:イメージアップ、ブランディングに役立つ

アメリカでの推進投資効果は実証済みで、実際に取り組んだ企業で、

前年度より1.8倍業績が伸びたそうです。

それを受け、日本でも「健康経営」を取り入れる優良企業法人が増え、

「協会健保」に認定をされている企業数も年々多くなっているそうです。

<各企業の取り組み例>

・「食」や「栄養」の情報提供

・「メモリアル休暇」取得奨励

・健康診断の再検査受診100%に

・ラジオ体操・禁煙運動

・仮眠室の設置・リラクゼーションサービスの導入 など

<企業が「健康経営」を実践するには様々なハードル>

・代表者が本気で発信できるか

・浸透させ、継続できるか

・不公平感、不満にどう対応するか など

「心」「頭」「体」の健康づくりを日々心がけていきたいですね。

来週は、企業任せではなく、自分でできる健康づくりの方法を

教わってきましたので、紹介させていただきたいと思います。

投稿者プロフィール

北原淳子

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

日本食品食品保健指導士

NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

日本成人予防協会認定 健康リズムカウンセラー

日本商工会議所 全国商工会連合 2級 販売士