キングアガリクスの残留農薬試験を行いました

2017年12月25日

残留農薬表紙

執筆:元井章智

キングアガリクスの残留農薬試験を行い、420項目全ての項目において残留農薬は検出されず、キングアガリクスの安全性が確認されました。

今回のコラムでは、アガリクス栽培における産地(土壌)の重要性と残留農薬についてご紹介いたします。

アガリクス栽培における産地(土壌)の重要性

土壌

アガリクスは地中の栄養素をたっぷりと吸収して育つといった特徴があります。

アガリクスの原産地ブラジルの栄養価が豊富な土壌で栽培されたアガリクスは、栄養素をたっぷりと含んだアガリクスに育ちます。

一方、土地がやせている農地で栄養価が低い土地で栽培されたアガリクスは、栄養成分をあまり含まないアガリクスになり、例としては日本産アガリクスが挙げられます。日本産アガリクスは安全性は高いのですが、限られた土地で連作を繰り返すため、栄養価の低いアガリクスとなります。

また、農薬や重金属などで汚染された土壌で栽培されると、有害物質を含んだアガリクスになってしまいます。こちらに関しては以前、PM2.5や工場排水など環境汚染が問題となっている中国産のアガリクスを飲まれた方の健康被害(肝機能障害)が報告されています。

キングアガリクスはブラジルで完全無農薬栽培されています

キングアガリクス

キングアガリクスの農場はブラジル サンパウロから北東に約360㎞のマンチケーラ山地にあり、そこには手つかずの大自然が残っています。

大自然

(ブラジルに残る手つかずの大自然)

キングアガリクスは栽培を行う前に、重金属などの土壌汚染などに関する安全性検査を行い、これまで農薬を使っていない土地を新たに開墾して、完全無農薬で自然露地栽培を行います。

(残念ながら、「自然露地栽培アガリクスは酸性雨の影響がある」など根拠のない誹謗中傷を行うメーカーが一部あります。キングアガリクスは酸性雨などの影響のない大自然の中で栽培されています)

ブラジルの大自然の中で自然露地栽培されたキングアガリクスは、地中の栄養素をたっぷりと吸収して育つため、栄養成分を豊富に含みます。

産地の違い

日本産に比べると、カルシウムは26倍、銅は10倍、そのほか、鉄分、セレン、ビタミンB1を豊富に含みます。

(豊富なビタミンDは日光を浴びて育つ自然露地栽培によるものです)

アガリクスの安全性に関しては主に、重金属(カドミウムや水銀など)と残留農薬を確認するのが一般的で、キングアガリクスに関しても以前より、重金属含有量はコーデックスが定める基準地以下であり、残留農薬も確認されていません。

今回は、よりお客様に安心してお飲みいただけるよう、最新の安全性情報更新のために残留農薬試験を行いました。

残留農薬について

農作物を生産する時に農薬を使用したり、以前、農薬を使用した農地で栽培すると、生産された農作物に農薬が付着してしまいます。

この農作物に付着している農薬を「残留農薬」といいます。残留農薬は、多量に摂取すると人体に悪影響を及ぼす危険性があるため、厚生労働省では残留農薬について以下のように定めています。

食品中に残留する農薬などが、人の健康に害を及ぼすことのないよう、厚生労働省は、全ての農薬、飼料添加物、動物用医薬品について、残留基準を設定しています。
残留基準は、食品安全委員会が人が摂取しても安全と評価した量の範囲で、食品ごとに設定されています。農薬などが、基準値を超えて残留する食品の販売、輸入などは、食品衛生法により、禁止されています。

厚生労働省ホームページ 食品の残留農薬等

簡単に言うと、人体に悪影響を及ぼすような量の残留農薬が含まれている食品の販売、輸入は禁止されています。

この人体に悪影響を及ぼす農薬として指定されているものが、現在、788種類あり、農作物ごとに基準値が設定されています。

例:イミダクロプリド(殺虫剤)

ぶどう3ppm、ブロッコリー5ppm、マンゴー1ppmなど、食品によって基準値が異なります。

キングアガリクスの残留農薬検査結果

一般的な残留農薬試験では420種類の残留農薬が検査できるため、今回、キングアガリクスも420種類の残留農薬試験を行いました。

その結果、すべての検査項目で「検出限界以下」といった結果となり、完全無農薬で栽培されていることが確認されました。

残留農薬表紙

「試験の結果、試験対象農薬は検出されませんでした」↑

無農薬で栽培され、残留農薬が含まれないことを意味します

残留農薬1

1~90までの項目↑

残留農薬2

91~200までの項目↑

残留農薬3

201~310までの項目↑

残留農薬4

310~420までの項目↑

まとめ

アガリクスは産地の土壌の影響を大きく受けます。

キングアガリクスはブラジルの大自然の中、栄養素をたっぷりと吸収し、完全無農薬で栽培されていることが確認されました。

安全で栄養成分の豊富なキングアガリクスを皆様のご健康にお役立てください。

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー