第60回比較統合医療学会学術大会に参加しました

2017年12月3日

比較統合医療学会

第60回比較統合医療学会学術大会、第20回日本補完代替医療学会学術大会(東京 池袋)に参加しました。

比較統合医療学会は動物を対象とした学会で主に獣医師の先生方が所属しているのに対して、補完代替医療学会はサプリメントの処方などの補完代替医療を対象とする医師の先生が所属している学会です。

現在、弊社では元々販売していたキングアガリクス100に加え、3年前よりキングアガリクス100ペット用も販売していることから、今後の研究のヒントを得るために今回参加いたしました。

学会で得られたヒント

病気の動物を対象とした試験の重要性

一般的には、サプリメントなどの研究は、安全性分析>試験管データ>動物研究>ヒト*(人間)といった順番で、階段を一段一段上るように進んでいきます。

*研究などの場合は漢字の「人」ではなく、カタカナの「ヒト」と記載するルールがあります。

そしてヒトの場合は、まずは健康な人で安全性試験を行い、安全性が確認された後に、病気の患者さんを対象とした試験となります。

以下、キングアガリクスを例にして簡単にご説明します。

安全性分析

まずは初めに、研究対象となる素材を分析して、含まれている栄養素や有害物質、残留農薬などのチェックを行います。

キングアガリクスの場合には、日本食品分析センターなどで検査を行い栄養成分に関してはビタミン、ミネラル、アミノ酸をはじめ、主成分β-グルカンの他、安全性の面では重金属、病原菌、残留農薬の検査を行い安全性が確認されています。

分析結果

残留農薬検査↓

残留農薬

残留農薬は400項目すべて検出限界以下で、重金属のコーデックス委員会が策定した国際基準以下であることが確認されました。

病原菌検査↓

試験成績書

大腸菌などの病原菌検査でも安全性が確認されました。

試験管データ

試験管

次に、マウスなどの細胞に対して、どのような変化が起こるかを実験します。安全性はもちろん、作用メカニズムなどの研究を行います。

動物研究

マウス

試験管での安全性データなどが取れた後で、マウス(ハツカネズミ)やラット、その他動物を対象とした研究に入ります。

キングアガリクスに関しては、慶應義塾大学医学部、東京薬科大学、麻布大学獣医学部ではマウスと対象とした研究、東京大学食の安全研究センターではラットを対象とした研究を行い、研究成果の多くは国際論文として発表されています。

ヒト試験(健康な人)

健常人

マウスなどの動物での安全性が確認されて、初めて、健康な人を対象とした安全性等に関する試験が行われます。

ちなみに、ヒト試験までのデータを持っているサプリメントメーカーはほとんどありません。

キングアガリクスに関しては、順天堂大学医学部、東京薬科大学薬学部との共同研究で、健康な人に対する安全性試験などの研究成果が国際論文として2本発表されています。

なお、サプリメントや健康食品は、お客様のご判断で多めに飲まれるケースもあります。キングアガリクスに関しては、通常の3~6倍量となる1日9gを長期間(6ヶ月)摂取していただく試験を行い、安全性を確認しています。

病気の患者さん

病院

健康な人で安全性が確認されて初めて、病気の患者さんを対象とした試験になります。

しかし、患者さんを対象とした試験の場合は、通常の治療(医薬品の服用)を行っている場合がほとんどです。そのため、サプリメントを飲んで効果が出ても、その効果が医薬品によるものか、サプリメントによるものかといった判定が難しいといった特長があります。

*医薬品の場合は、他の医薬品と比較して効果を確認するといった試験が一般的です。サプリメントの場合は、患者さんに医薬品ではなくサプリメントを摂取して頂くといった試験は、一般的な医療を受ける機会を失ってしまい倫理的に問題があるため、医薬品と一緒に飲んで頂く試験が一般的です。

イメージにすると以下になります。

研究データ

一番下の成分分析から、試験管データ、動物研究と一段一段上っていくイメージです。

今回の学会で提案されていたのが、病気のペットに対するデータの収集でした。

ワンちゃん、猫ちゃんなどのペットの場合、例えば「がん」などの疾患になった場合は、手術、抗がん剤、放射線療法が一般的な医療としては推奨されます。しかし、手術、抗がん剤などは見た目も大きくかわってしまったり、副作用に苦しむのは可哀想と想い、あえて治療を選ばない飼い主さんが少なくありません。

そういったワンちゃん、猫ちゃんにサプリメントや健康食品(もちろん安全性が確認されたもの)を利用してもらいデータを集めることで、将来的には人間の治療にも活かせるのではないか、といった提案がされていました。

病気の動物

先ほど、ピラミッドで考えると一度、他の山に上るイメージになります。

キングアガリクスは、健康な人では十分な安全性データなどが取れていますが、患者さんでの試験をなかなか行えない状況でした。3年前にペット用のキングアガリクス100を発売して以降、これまでに取得したデータを高く評価して頂き、多くの獣医師の先生方に推奨して頂けるようになりました。

今学会の参加を機に、これからは病気のワンちゃん、猫ちゃんに対するデータ収集に力を入れていきたいと思います。

東栄新薬株式会社

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

元井章智