ヨーロッパのサプリメントについて

2017年10月2日

ヨーロッパ サプリ

先日参加した第9回国際薬用キノコ学会(9月25~28日 イタリア シチリア)に併せて、イタリアNo.1のサプリメントメーカーS.I.I.T.社(ミラノ)を訪問し、現地の情報を教えて頂きました。

ヨーロッパのサプリメント

サプリメント

ヨーロッパ(EU圏)は、サプリメント(Food Supplement)に関しては、新規成分の承認のハードルが高いことから、古くからあるサプリメント素材が多いのが特徴だそうです。

ヨーロッパで流通しているサプリメント

ビタミン類

日本でもおなじみのビタミンCをはじめ、こちらではビタミンDが広く流通してます。

*ビタミンDは欧米では非常に人気の高いサプリメントです。

その他、ビタミンB群、葉酸などを併せたマルチビタミンも人気だそうです。

ミネラル類

循環器系に良いとされるマグネシウムが非常に人気があり、実際に薬局に行ったときにも目立つところに置かれていました。その他、カルシウム、鉄分などが人気です。

乳酸菌

腸内細菌

日本では乳酸菌は【生きている菌(生菌)】と、【死んでいる菌(死菌)】のどちらも効果は同じとされていますが、ヨーロッパでは圧倒的に【生きている菌】が良いとされ、直前に液体と混ぜて飲むサプリメントが流行ってます。

ハーブ類

ハーブ

うつ状態:セント ジョーンズ ワート(セイヨウオトギリソウ)

認知機能:イチョウ葉(医薬品になっているものもあります)

免疫増強:エキナセア、ガーリック、クルクミンなど

実際に薬局を訪問してみて

イタリア滞在期間中、何軒かの薬局、ドラッグストアーを訪問しました。

薬局

(薬局の写真)

薬局

(夜はライトがついていました)

なお、こちらでは『シエスタ』という昼食後にお休みする習慣があるため、午後に訪問したら閉まっている店舗もありました。

薬局

(午後に訪問したら閉まっている薬局)

薬局

(昼食後にシエスタが入り、オープン時間は8:30~13:00、16:30~20:30)

以下、実際に訪問して感じた、日本とヨーロッパとの違いについてご紹介いたします。

ヨーロッパと日本のサプリメントの違い

マグネシウムの人気

MG

一番意外だったのが、マグネシウムが人気なことです。

マグネシウム製品

マグネシウム製品

(実際に薬局で販売されているマグネシウム製品)

日本ではあまり注目されていませんが、マグネシウムが不足することで以下のような不調が現れます。

●筋肉のふるえ、硬直、皮膚や筋肉などへのカルシウムの沈着のほか、神経過敏症や抑うつ症など症状が現れます。

●血圧上昇や不整脈をはじめ、動脈硬化や心筋梗塞などの危険性が高まります。

ハーブ類の普及

日本では、漢方以外では植物由来の医薬品、サプリメントはあまりありませんが、ヨーロッパではドイツをはじめ、ハーブ(植物)由来のサプリメントが広く普及しています。

ヨーロッパ サプリ

(イタリアの薬局のハーブ由来サプリメントコーナーの写真)

先述した、セントジョーンズワート、イチョウ葉、エキナセア等の他、

タンポポ、パイナップル、アロエベラを原料にしたサプリも販売されていました。

よく言われますが、話に聞いていたのと、実際に自分で「聞いて」「見た」ものにはギャップがあります。

なるべく自分で体感できるよう、今後も機会があれば、国際学会や展示会などに積極的に参加したいと思います。

東栄新薬株式会社

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

元井章智

PS.

アガリクスの主成分=β-グルカンについて

ヨーロッパでは、キノコ類のほか、パン酵母が広く普及しているため、β(ベータ)-グルカンが広く認知されていることを肌で感じました。

実際に打ち合わせの時に、β-グルカンの働きについて説明しようとしたところ、「それは、十分わかっているから大丈夫です」と言われました。

β-グルカンについて詳しくはこちら