夏の疲れたお肌を元気に!秋の美肌を目指す薬膳講座に参加してきました  その3

2017年9月21日

イベント

2017年8月27日(日)

日本成人病予防協会後援

「美リズム倶楽部」第1回イベント

美リズムをつくる食

【夏の疲れたお肌を元気に!秋の美肌を目指す薬膳講座】に参加してきました。

FOOD and LIFE  講師:小林 優子先生から

先週は、その時に教わった、潤い美肌スイ―ツ『ナッツボール』を紹介しました。

今週も引き続き、この季節に食べたい!潤い美肌スイ―ツ第二弾!!

『白きくらげのプルプルデザート』を紹介します。

  白きくらげのプルプルスープデザート

白きくらげスープデザート

【材料 4人分】

乾燥白きくらげ:5g、水:700cc、黒砂糖:10g、杏仁霜:小さじ1/4、

なつめ:4個、松の実:10g、クコの実:20g、

梨:1/2個、林檎:1/2個、柿:1/2個、レモン汁:適量、はちみつ:適量

【作り方】

  1. 白きくらげは水に戻して、一口大に切る。
  2. 梨、林檎、柿は皮をむき、一口大に切る。
  3. 鍋に、梨、林檎、柿、レモン汁以外の材料を入れ、中火で30分煮込む。
  4. 梨、林檎、柿を加え、2~3分して、火を止める。
  5. レモン汁、はちみつを加えて出来上がり♪

【材料の効果】

白きくらげ:肌を潤し、滋養強壮作用がある。免疫力を高め、老化防止。

なつめ:疲労回復、体力を補う。胃腸に元気を与える。

松の実:身体を潤し、便通をよくする、皮膚や髪に潤いを与える。

クコの実:肝、腎を補い、元気を与える。眼に栄養を与える。

杏仁霜:肺を潤し、咳の改善。

黒砂糖:冷え性、冷えによる関節痛、風邪のひき始めの悪寒、胃痛に効果。

林檎:肺を潤し、口の渇きを鎮める。

梨:乾燥肌や髪のぱさつき、のどの痛みや渇き、声枯れに効果。

柿:身体のほてりやのぼせを鎮め、口の渇き、便秘、乾燥肌、髪の改善。

レモン:のぼせやほてり、発熱、イライラといった症状の緩和。

はちみつ:口やのどの渇き、から咳、声のかすれ、潤い不足による便秘、乾燥肌に効果。

果物を煮たものが苦手で、「どんな味がするのかな~」「食べられるかな~」

と思っていましたが、とても美味しくいただきました。

旬の食材は、季節の変化に伴う体調管理には欠かせないもので、

自分の体質に合った食材を知り、上手に美味しく取り入れることの大切さを学びました。

この講座を受講したきっかけで、薬膳料理について学びたくなりました。

9月から、薬膳フードデザイナー・ベーシックコースで勉強を始めました。

これからも少しでも皆様の健康にお役にたてるようなことを

紹介していきたいと思っています。

ケーエーナチュラルフーズ 北原