健康食品フォーラム主催第38回健康食品セミナーに参加してきました

2017年8月10日

セミナー

特定非営利活動法人 健康食品フォーラム主催

2017年8月3日(木)

【第38回健康食品セミナー:機能性を活かした食品のすすめ】

に参加してきました。

『健康な生活を送るための時間栄養学』

兵庫県立大学 環境人間学部教授 永井 成美さんの

講演でとても興味深いお話しがありましたので、

2週にわたり紹介したいと思います。

あなたは朝型?夜型??

朝型

人間には24時間の体内時計があり、その体内時計の働きを助けるような食事と

栄養摂取によって、肥満や生活習慣病の予防ができるということ!

現代社会は、その体内時計に同調しにくい生活スタイルになっていることが

問題であり、それを改善していくことが大事ということでした。

2種類の体内時計

①LEO(Light-entrainable oscillator)

光の刺激で、眼球に刺激を受ける、脳の視交叉上核にある主時計

②FEO(Food-entrainable oscillator)

規則正しい朝食(できれば同じ時刻)で刺激を受ける、内臓などの末梢時計

体内時計は、光の刺激と食事の刺激によって目覚めます。

そのため、朝食はとても重要です。

朝食

朝食を摂ることで、食後の代謝があがるだけでなく

毎食後の代謝があがることも研究で明らかになっている。

また、朝食をお米にすることで、午前中の集中力がパン食よりも

さらにアップする研究結果が出ていると。

その理由は、脂質よりも糖質の多い食事が集中力に影響するそうです。

朝食を食べない、食べられない理由は?

食欲ない

ベスト3!

1.食欲がない

2.時間がない

3.用意したくない

NO.1の食欲がないが特に問題で、夜型の生活が原因で、

朝起きた時の胃の働きが悪く食欲不振につながっているようです。

『早寝、早起き、朝ごはん』が昔から言い伝えられていたのは、

とても大切なことだったのです。

今回講演で、『朝型?夜型?』を調べるサイトを教えていただきましたので、

紹介いたします。

自分が朝型だと思っていても、夜型と判断されることもあるとのことでした。

若者は夜型、年を取るほど朝型になる傾向があるようです。

「年取ると早起きになる」なんてよく聞きますね。

皆さんも試してみて下さい。

国立精神・神経医療研究センター

睡眠医療プラットフォーム

http://sleepmed.jp/platform/

睡眠障害セルフチェック

https://www.sleepmed-platform.jp/spf/publication/screening/public?6&c=SCREENING

私も早速試してみました。

判定結果は・・・・

睡眠チェック

朝型夜型診断

http://www.sleepmed.jp/q/meq/meq_form.php

私も早速試してみました。

判定結果は・・・・

朝方?夜型?

結果は朝型でした!!

年も重ねていますが、子供のころから朝日と共に目覚めて

学校に行くのが楽しくて楽しくてしかたのない幼少期。

現在も仕事の前に、裏山を朝から走り回るのを日課にしています。

次回は、健康な生活と時間栄養学についてお届け致します。

ケーエーナチュラルフーズ 北原