旬の食材で美味しく元気に【 冬瓜 】

2017年8月3日

冬瓜

夏野菜なのに、冬の瓜(うり)と書く「冬瓜(とうがん)」。

熟すと皮がかたくなり、丸ごとを10℃前後の場所に置いておくと、

冬まで保存がきくことからだと言われています。

冬瓜の栄養

冬瓜は、中国では古くから皮、果肉、種ともに生薬でした。(現在は皮と種のみ薬用) 

95%が水分ですが、成分的にはビタミンCが多く含まれています。

カリウムも比較的多く、体内のナトリウムを排泄する作用があるため

高血圧にも効果があります。

優れた利尿作用があるため、むくみの解消、膀胱炎、腎臓病など。

体を冷やす効果があるので、のぼせの解消。

暑気あたり、糖尿病によるのどの渇きに効果。

タルトロン酸という、糖の吸収を抑える成分が含まれているので、ダイエットにも効果。

冬瓜の綿をよくつぶし汁を絞ると、天然の化粧水になります。

シミ・そばかすに効果があり、肌に潤いを与えます。

化粧水

注:冬瓜は体を冷やすと言われ、冷えが気になる人や、体力のない人、

妊婦さん等は特に生食での食べ過ぎには注意が必要です。

薬用としての冬瓜レシピ

冬瓜を用意したら、それぞれのパーツにわけるところからスタート!

冬瓜カット (1)

皮、種、ワタは捨ててないで!!

☆ 冬瓜のワタの味噌汁 ☆

【材料】冬瓜(ワタの部分を使用)…1個 ベーコン…50g 味噌…適量

【作り方】

  1. 鍋にだし汁をいれ、一口大に切った冬瓜のワタ(種も食べられます)と細切りのベーコンをいれる。
  2. 柔らかくなるまで煮たら、最後に味噌を溶いて出来上がり♪

 

☆ 血圧・血糖値を下げる冬瓜茶レシピ ☆

冬瓜水

*血圧の高い方、糖尿病の方、むくみのある方は、お茶がわりにお飲みください。

【材料】冬瓜(皮とワタの部分を使用)…1個 生姜…ひとかけ 水…1ℓ

【作り方】

  1. 冬瓜の皮とワタを適当な大きさに切り、生姜と一緒にお茶パックに入れる。
  2. 鍋に水を入れ沸騰したら、(1)を入れ、弱火で20~30分煮込む。
  3. 茶こしでアクを取り、適当な容器に移し替え、冷蔵庫に保存。

 冬瓜とひき肉のバターポン酢炒め ☆

【材料:4人分】冬瓜:1/4 茄子:2本 豚ひき肉:150g ピーマン:2個

生姜:1片 バター:10g ポン酢:適量 キングアガリクス100:1袋

【作り方】

  1. 冬瓜はたて半分に切り、皮と種とワタを除き、薄切り。
  2. 茄子はヘタを切り落とし、縦半分に切って1cm幅の斜め切りにする。
  3. ピーマンは細切り。しょうがはみじん切り。
  4. フライパンに生姜をいれ空煎りし、香りがたったら、ひき肉を加え良く炒める。
  5. 野菜、キングアガリクスを1袋入れ、炒めてしんなりしたらバターを入れる。
  6. ポン酢をまわしかけ炒め合わせ出来上がり♪

☆ 夏バテ解消!アサリと冬瓜の元気カンタンスープ ☆

【材料:4人分】 冬瓜:1/4 アサリの水煮缶:1缶 木綿豆腐:半丁 針生姜:適量

オリーブ油、塩、胡椒:適量

【A:水:200cc 醤油、酒:大さじ1/2 キングアガリクス100:1袋】

【作り方】

  1. 冬瓜は皮と種とワタを除き、食べやすい大きさに切ります。
  2. 鍋にオリーブ油をひき、生姜を香りが出るまで炒めます。
  3. (2)の鍋に、アサリの水煮缶(汁ごと)とAを入れる。
  4. 冬瓜と豆腐を手でちぎりながら加え、中火で10分くらい煮る。
  5. 塩、胡椒で味をととのえて出来上がり♪

暑くて食欲のない時に、お薦めのレシピです。

ぜひ、試してみて下さい。

参考:小学館『食の医学館』、永岡書店『食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖』

メディアファクトリー『体にいいものレシピ87』など

ケーエーナチュラルフーズ 北原