第8回中国国際健康産品展覧会でキングアガリクスに関する発表を行いました。

2017年7月3日

プレゼンテーション

第8回中国国際健康産品展覧会(中国 上海 6月20日~22日)で、日本を代表するアガリクスメーカーとして「キングアガリクス」に関するプレゼンテーションを行いました。

(写真は私のプレゼンテーションの様子)

中国では、健康増進に活用するキノコとしては霊芝(レイシ)、冬虫夏草が有名です。

レイシ

霊芝(レイシ)

冬虫夏草冬虫夏草

冬虫夏草(トウチュウカソウ、コウモリガの幼虫に寄生するキノコで、チベット産などは非常に高価)

アガリクスは中国では姫松茸、巴西磨菇(巴西=ブラジル、磨菇=キノコ)と呼ばれており、まだまだ知名度が低いのが現状です。

発表した内容

プレゼンテーションの中では

まず「アガリクスは日本では統合医療の分野で最も支持されているキノコ」と紹介

グラフ

中でも、ブラジルで自然露地栽培したキングアガリクスはβ-グルカン、ビタミンDなどの有用成分が豊富

β-グルカン

ビタミンD

また、アガリクスメーカーの中でも安全性等に関する研究開発が最も進んでいる(海外発表論文数が24本と最多)ことをご紹介しました。

最後に、キングアガリクスは一般的なアガリクスに比べ主要成分が多く含まれ、安全性等に関する研究開発が最も進んでいるため、年間出荷量が大幅に伸びていることをご紹介したところ、会場内の多くの方から資料の要望や名刺交換の依頼を受けました。

資料

(実際に使用した、年間出荷量に関する中国語のプレゼンテーション資料

出荷量が年々伸びており、2015年には380,000個を出荷したことを表しています)

意見交換、打ち合わせなどで感じたこと

プレゼンテーション後に様々な企業の方と意見交換や打ち合わせを行い、以下のようなことを実感しました。

1)中国では日本で製品化された高品質な製品に対する信頼性が非常に高い

2)しっかりとした独自のデータ(研究成果)がないと信用されない

3)アガリクスの場合、安価な中国産とはどこが違うのかをしっかりと説明する必要がある

キングアガリクスの場合は、上の1~3に対して以下の点を高く評価されました。

1)高品質

→日本の製薬会社で製品化している(ペット用はGMP認証工場)

2)データ

→アガリクス専門メーカーとして20年以上に渡る研究実績の蓄積による、キングアガリクス独自の安全性などに関する豊富なデータ

3)安価な中国産との違い

→β-グルカンやビタミンDなどの栄養成分が豊富なブラジル産自然露地栽培。中国産は土壌汚染によるカドミウムの含有量が高かったたり、保存料としてホルマリンが使用されるケースがあり、以前、肝機能障害を起こすなど安全性が問題となった。キングアガリクスは重金属や残留農薬も検査済みなので安心してお飲み頂ける。

(特に3の中国産の安全性に対しては、中国の方も敏感なようです。)

今回の展示会でのプレゼンテーションや、その後の打ち合わせにより、改めてキングアガリクスの持つ可能性を実感しました。

次回の海外展示会は、9月にシンガポールで行われるVitafoods Asiaに出展予定です。キングアガリクスをより多くの方の健康にお役立て頂けるようしっかりと準備して臨みたいと思います。

東栄新薬株式会社

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

元井章智