NK細胞を活性化するために(食事編)

2017年5月29日

2週間にわたり、【免疫力と免疫細胞について】、がん細胞を攻撃してくれる【ナチュラルキラー細胞の重要性】についてご紹介いたしました。

本日のコラムでは、ナチュラルキラー細胞=NK細胞を活性化する方法(食事編)をご紹介いたします。

NK細胞を活性化するために(食事編)

NK細胞

免疫力アップの基本は毎日の食事から

NK細胞をはじめとしたさまざまな免疫細胞の活性を高め、免疫チームの機能を向上させる基本は、毎日の食事にあります。一番重要なことは、いろいろな食材を食べ、栄養をバランスよく摂取することです。

特に身体をつくるもととなるタンパク質は良質のものを摂り、免疫細胞を強化しましょう。そして、キノコ類や発酵食品など、免疫を高める食材を積極的に摂りたいものです。

良質なタンパク質とは?

●タンパク質のもととなるアミノ酸を多く含む:卵、大豆、魚、肉など

●脂肪の少ないタンパク質が摂れる:ささみ、卵白、ヒレ肉、鳥むね肉(皮なし)など

●タンパク質以外の栄養価が高い:チーズ、牛乳、ヨーグルト、納豆、豆腐など

腸に多く宿る免疫細胞、だから腸内環境をきれいに

腸内フローラ

NK細胞の活性と腸内細菌は相関関係にあります。というのは、私たちの口からは食べ物だけでなく、細菌やウイルスなどの病原体も入ってきます。そうした病原体に備えて免疫細胞の多くが腸に待機しているのです。NK細胞の6~7割は、腸に存在するといわれています。

そこで、腸の免疫細胞を活性化するには腸内環境を整えることがポイントになります。身体に良い影響を与える腸内細菌「善玉菌」を増やし、悪い影響を与える腸内細菌「悪玉菌」を減らすよう心がけましょう。善玉菌を増やす主な食材は、食物繊維、発酵食品、オリゴ糖です。

腸内フローラ

腸内細菌を改善

東京薬科大学薬学部専攻(免疫学教室)

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

東栄新薬株式会社

元井章智

PS.

昨年、私がアメリカ自然療法医学会=AANP(OncANPの関連学会)に参加して得た情報をハンドブック【アメリカでがん治療に推奨されている食事とサプリメント】としてまとめました。

無料でプレゼントいたしますので、ご健康にお役立て下さい。

ハンドブック無料配布中

ハンドブック