旬の食材で美味しく元気に【菜の花】

2017年3月22日

菜の花畑

花の便りが各地から届き始め、心も弾む季節となりますね。

冬の間、体温を逃がさないように、体内に栄養を蓄えていたため、

脂肪がつきやすく、体重も増える傾向にありました。

季節が春に移り、気温がだんだんと暖かくなると、新陳代謝が活発になり、

体内にため込んだ脂肪や老廃物を排出し、春の身体へと変化していきます。

春は苦味

昔から『春は苦味を盛れ』といわれていますが、

苦味のある食べものは春の訪れで旬を迎え、それを食べることで身体にため込んだ

脂肪や老廃物を排出しやすくしてくれます。

山菜などはアクが強く調理にひと手間かかったり、

お子様には苦味が強すぎて好き嫌いがはっきりします。

アブラナ科の菜の花は、調理もしやすく、お子様でも美味しく召し上がることができ、

栄養価も高く、この時期にお薦めの野菜です。

栄養素としては、

カロテン、ビタミンB1、B2、C、E、Kなどのビタミン類

カリウム、カルシウム、鉄などのミネラルが豊富に含まれています。

カルシウム、鉄は、日本人には不足しやすい栄養素ですので、

両方補える菜の花はまさに栄養満点の野菜です。

菜の花

<菜の花の効果>

カロテン…視力回復・かぜ予防・抜け毛予防

ビタミンB2…美肌作用・口内炎予防・老化予防などの効能

ビタミンC…ストレス緩和・かぜ予防・動脈硬化予防

ミネラル(カルシウム、鉄)…利尿作用・精神安定・骨粗鬆症予防・高血圧予防・貧血予防

また、食物繊維が豊富に含まれ、便秘の解消にも効能を発揮します。

 

<菜の花の仲間>

菜の花はアブラナ科で、

仲間には、キャベツ、芽キャベツ、ブロッコリー、ケール、カリフラワー、

ダイコン、ハクサイ、カブ、コマツナ、チンゲンサイ、ワサビなどがあります。

最近、アメリカではこれらのアブラナ科の食べ物に注目が集まっています。

アメリカ国立ガン研究センターは、

ガン予防を目的とした「デザイナー・フーズ・プログラム」という食品の計画研究を行い、

ガン予防の可能性のある食品を約40種類ピックアップしています。

そして、それを重要度によって並べ、

「デザイナー・フーズのピラミッド」というものを作成しています。

その中でアブラナ科の野菜は、「積極的に食べたい野菜」として紹介されています。

<イソチオシアネートのパワー>

大根

『イソチオシアネート』とは、

唯一アブラナ科の野菜にだけ含まれている苦味、辛み成分のことです。

ワサビや大根など、苦み・辛みが強い野菜ほど多く含まれています。

この『イソチオシアネート』に、

ガン細胞の発生を抑制する働きがあることが分かってきました。

またこの成分は、ドロドロになった血をサラサラにし、血栓を予防する働きがあります。

食生活に偏りコレステロールや血圧が気になる方、生活習慣病が気になる方は、

アブラナ科の野菜を意識して多く摂るとよいでしょう。

『イソチオシアネート』を効率よく摂るには、

すりおろす、細かく刻む、よく噛むことがポイントとなります。

鶏肉と菜の花の元気モリモリ炒め

【材料(4人分)】

鶏むね肉:400g 菜の花:1束 長ねぎ:1本 にんにく:1片

肉の下味【酒、醤油:各小さじ1 】片栗粉:小さじ2

オリーブ油:大さじ2 塩、胡椒:適量

調味料A【醤油、酒、みりん:各小さじ1 キングアガリクス100:1袋】

【作り方】

  1. 鶏肉は1cm角に切り、酒、醤油をもみ込んでおく。
  2. 菜の花は長さを半分に切り、塩を加えた熱湯でさっとゆで、水気をしっかりときる。
  3. 長ねぎは斜め薄切りにし、にんにくは叩きつぶす。
  4. フライパンにオリーブ油を入れて熱し、にんにくと長ねぎを加えて炒める。
  5. (1)の鶏肉に片栗粉をもみ込んで、(4)に加え、ほぐしながら炒める。
  6. 調味料Aを混ぜ合わせる。
  7. 鶏肉に火が通ったら菜の花を入れ、調味料Aを入れる。
  8. 塩、胡椒で味をととのえ、火を止め出来上がり。

栄養たっぷり菜の花の親子丼

親子丼

【材料(4人分)】

鶏むね肉:200g 菜の花:1束 玉ねぎ:中1個 生ひじき:50g

卵:3個   海苔:適量

割りした【だし汁:200cc みりん、醤油:各大さじ2 酒:大さじ1

キングアガリクス100:1袋 塩:適量】

【作り方】

  1. 鶏むね肉は一口大に切り、たまねぎは薄切り、ひじきは洗い3cm位に切る。
  2. 割りしたの材料を入れて沸かし、(1)を加えて煮る。
  3. 菜の花は塩を加えた熱湯でさっとゆで、水気をしっかりときり、3cm幅に切る。
  4. (2)に菜の花を入れ、よく溶いた卵を回しかけて30秒。
  5. 火を止めて、ふたをして約1分。
  6. ご飯を器に盛り、海苔をちらし、(5)をかけて出来上がり。

 

苦味の気になるお子様でも・・菜の花のツナコーンマヨサラダ!

【材料(4人分)】

菜の花:1束 ホールコーン缶詰:1缶 ツナ缶詰:1缶

醤油、マヨネーズ、白ごま、レモン汁:適量 キングアガリクス100:1袋

【作り方】

  1. 菜の花は半分に切り、塩を加えた熱湯でさっとゆで、水気をしっかり切る。
  2. ツナは油(水煮の場合は水気)をきっておく。
  3. ボールに材料を全て入れ、和えて、出来上がり。

参考:小学館 【食の医学館】など

旬の食材を上手に取り入れて、健康に役立てたいですね!

ケーエーナチュラルフーズ 北原