アガリクスの製造工程

アガリクスの製造工程

執筆:元井章智

サプリメント

市販されているアガリクス製品は

大きく分けて2つの製品品質があります

1)GMP認証工場で製品化したアガリクス製品

2)認証工場以外で製品化したアガリクス製品

それぞれ、詳しくご紹介します

1)GMP認証工場で製品化したアガリクス

健康食品・サプリメントは食品にあたるため

特に許可なく製品化を行うことができます

そのため、品質の低い健康食品・サプリメントが

多く販売されていたため、一定の品質を保つために

第三者機関によるGMP認証制度*が開始されました

*GMP認証制度とは

Good Manufacturing Practice

の頭文字をとっていて

衛生・品質管理が一定の基準で行われているかを第三者機関が判定し

合格した施設にはサプリメントGMP認証が与えられます

GMPマーク

(GMP認証マーク)

【具体的な検査項目】

製造エリアの衛生状態が保たれているか

(アルコール消毒が行われているか?異物、病原菌が混入しないかなど)

製品同士が混合しないように、1つの部屋では1つの製品しか作らない

決められた原材料が決められた分量で製品化されているか

など

GMP認証工場とその他の工場では

製品の品質レベルが大きく異なるため

厚生労働省でもGMP認証機関で製造した製品を推奨しています

*キングアガリクス100はサプリメントGMP認証よりも品質管理が厳しい

医薬品GMP認証工場で製品化しています

2)GMP認証のない工場

さきほども触れましたが、健康食品・サプリメントを

製造するには特に許可などは必要なく

誰でも製品化することができます

そのため、

製造エリアの衛生状態が悪い

(管理エリアに入るときに手のアルコール消毒を行わない工場もあります)

原材料の取り違え

原材料の品質や含有量が同一ではない

といった問題が起こる可能性があります

実際に認証のない工場で製品化されたアガリクス製品には

ロットごとに色が違う、味が違う、匂いが違う

中には製造コストを抑えるために

ブラジル産アガリクスに原材料費の安い中国産アガリクスを混ぜている

といった製品もあります。

当然ながら、一定の品質が保持できないため

安全性が問題となり、副作用として現れてしまうことがあります

アガリクスの製造工程のまとめ

アガリクス製品の製造工程によって

品質管理基準が大きく異なります

アガリクスを選ぶときには

品質管理がしっかりと行われている

GMP認証工場で製造されたアガリクス製品を選んでください

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー