そばアレルギー(食物アレルギー)

2015年11月5日

0be298a3d23385b32baa7a1a74b1c45d_m

ときどき、レストランとかで

「苦手なものとか、食べられないものとかありますか?」

って、聞かれますよね。

私は【そばアレルギー】なので、

もちろん、そのことを必ず伝えます。

すると、店員さんの方から聞いているのに

「えっ?本当ですか??」

って、ビックリした顔をされることがあります。

その時に、

私が【そばアレルギー】だと初めて知った方には、

「昔からですか?」「食べるとどうなるんですか?」

かなりもの珍しいようで、良く聞かれます。

それも、そのはず……

厚生労働省によると

http://www.mhlw.go.jp/seisaku/2009/01/05.html

全人口の1~2%に食物アレルギーを持っていると考えられ、

その食物アレルギーのうち、【そばアレルギー】は4.6%

そばアレルギーの人は多めに見ても

0.02×0.46=0.00092(約1000人に1人)

日本人が1億2000万人だとすると

そのうち【そばアレルギー】の人は110,400人しかいません。

かなり少ないですよね。

他にはどのような食べ物がアレルギーを起こすのでしょうか?

今回は、【食物アレルギー】について簡単にご紹介します。

食物アレルギー

厚生労働省のホームページ

http://www.mhlw.go.jp/seisaku/2009/01/05.html によると……

食物アレルギーは、食事をしたときに、身体が食物(に含まれるタンパク質)を異物として認識し、自分の身体を防御するために過敏な反応を起こすことです。

主な症状は、「皮膚がかゆくなる」、「じんましんがでる」、「せきがでる」などです。重い症状の場合には、「意識がなくなる」、「血圧が低下してショック状態になる」ということもあり、非常に危険な場合もあります。

とあります。

簡単に言うと

「食べ物(に含まれるタンパク質)を体が異物だと認識し、

身体が過剰な反応を起こし、不快な症状が出てしまう」

ことです。

日本人1~2%(乳幼児に限定すると約10%)の人が

何らかの食物アレルギーを持っていると考えられていて

原因物質は以下のようになっています。

食物アレルギー原因

【アレルギーの原因物質  平成14年・17年厚生労働省科学研究報告書より】

食物アレルギーの原因物質としては、

鶏卵が最も多く38.3%、次いで乳製品15.9%、小麦8.0%となっています。

現在、厚生労働省ではアレルギーの原因となる食品として25品目を指定、

うち7品目は必ず食品のパッケージなどに記載しなければならず、

他の18品目についてもなるべく表示をするように指示をしています。

必ず表示する

卵、乳、小麦、えび、かに(発症件数が多いため)

そば、落花生(症状が重くなることが多く、生命にかかわるため)

表示をするべき

あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、 牛肉、くるみ、さけ、さば、

大豆、鶏肉、バナナ、豚 肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

表示を義務、奨励されているものだけでも

卵から、まつたけ、ゼラチンまで幅広い食品が指定されています。

もし、あなたやご家族が

特定の食べ物を食べた後になんとなく体調が悪い場合は、

食物アレルギーを疑ってみてください。

現在、健康診断などで食物アレルギ―検査をしている施設が多数あります。

気になる方は、一度検査することをおすすめします。

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

元井章智

PS.

私は、子供の頃はおそばが大好きだったんですが、

大学時代ゴルフの試合中に、お昼におそばを食べた時に初めてそばアレルギーを発症しました。

以来、そば饅頭でもあたり、おソバ屋さんでかつ丼食べてもあたっています。

今では、駅構内の立ち食いソバ屋さんの前を通るときには、なんとなく息を止めて通過しています。

ちなみに、おそばを食べると

呼吸困難になって、涙が止まらず、吐き気もして、本当にひどい状態になります。

PPS.

キングアガリクスもキノコの1種ですので

キノコアレルギーの方には摂取を控えて頂くようご案内しています。