動物愛護協会ミュージカル

2015年12月10日

ミュージカル

以前、日本動物愛護協会に入会したことはご紹介いたしましたが

そのご縁で、11月28日に日本動物愛護協会主催のミュージカルに参加して来ました。

会の主役はNPO法人 みゅーまる さんで、

前半1時間がコンサート、後半がミュージカルという構成です。

みゅーまるさんの名前は Music + Animal からとったそうで

動物たちとの施設訪問、音楽劇やミュージカルの創作と上演、

学校や幼稚園でのミニコンサートや音楽劇を通して

命の大切さを伝えるといった活動を行っているNPO法人です。

当日は思わぬアクシデントに見舞われ

40分ほど遅刻してコンサートの途中から参加となりましたが、

メインのミュージカルには何とか間に合いました。

普段の生活ではミュージカルを見る機会がほとんどなく

「我ながら、ちょっと場違いかなー」

なんて初めは思っていましたが

引き込まれるように見てしまい、あっという間に30分が経ちました。

ミュージカルは【ぼくの声 聞こえる?】というタイトルで、

子犬の頃、ある家庭に引き取られたワンちゃんが主人公。

はじめはかわいがってもらえるけど、

最後は家庭の都合で【殺処分】にされてしまうという内容で、

【命の大切さ】をテーマにした重たい内容です。

いままで、考えたことがあまりなかったのですが、

ミュージカルで取り上げられた【ペットの殺処分】についてちょっと調べてみました。

環境省の発表した統計結果(平成25年度)

( https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html )

を見ると、飼い主さんなどからの引き取り・捕獲による

犬の殺処分件数は、28,570

猫の殺処分件数は、99,671

併せて、128,241。

。。。

1日400件近くになります。

絶句してしまいました。

さらに、驚いたのがこれでも大幅に減っているようです。

平成16年(左)と平成25年(右)を比較すると、

犬 155,870 → 28,570

猫 238,929 → 99,671

合計 394,799 → 128,241

この数字、どう思いますか?

今回、ペット用の製品を発売し始めたご縁から

ミュージカルに参加させて頂き

初めて、【この問題】について深く考えるようになりました。

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

元井章智

PS. 微力ながら今後とも日本動物愛護協会の活動をサポートしていきたいと思います。