癌(がん)と栄養指導・肥満改善

2016年3月10日

8987d081271c8d3fdf4c86711a74c0e5_s

執筆:元井章智

先週(3月3日)は

統合腫瘍協会国際会議(SIO)の基調講演

【生活習慣の変化、運動と栄養】の前半部分

【癌(がん)と肥満・運動不足の関係】

といった講演内容をご紹介しました

今週は講演の後半部分

【癌(がん)と栄養指導・肥満改善】についてご紹介いたします

癌(がん)と栄養指導・肥満改善

がんの告知後に栄養指導などを行い

生活習慣を改善すると予後に影響を与えるのか?

栄養指導などの生活習慣の改善が、

がん患者にどのような影響を与えるかを評価した試験

実際に乳がん患者に対して栄養指導を行った試験結果を2つ紹介します

①【低脂肪食の推奨】(WINS Study)

2400人の早期乳がん患者に栄養指導を行った

(少なくとも20%のカロリーを脂肪分から摂っていた患者を対象

脂肪分を総カロリーの15%にまで減少するよう指導)

5年間の追跡調査の結果

○栄養指導を行った患者の体重、脂肪摂取量が減少した

○乳がんの再発率も栄養指導を行わなかった患者と比べ24%減少した

○BMIが高いほど再発リスクが下がっていた=栄養指導の効果が高かった

②【果物、野菜、低脂肪食、高食物繊維の推奨】(WHEL Study)

3088人の早期乳がん患者に栄養指導を行った

4年後の追跡調査の結果

栄養指導を行った患者と行わなかった患者を比較した結果

体重は変わらず、脂肪摂取量が減少し、果物・野菜の摂取量が増えていた

しかし、病気の発症リスクに変化はなかった

2つの栄養指導調査の結果

○生活習慣の改善はがん患者にとって好ましいと考えられる

○低脂肪食の推奨を行った試験(WINS Study)のみが、

がんの予後に対する明確な効果が確認された。

○体重減少と脂肪摂取量の減少ががんの予後に影響を与えると考えられる

現在では以下の試験が進行中であり、結果が待ち望まれる

○肥満状態の早期乳がん患者への体重減少が与える影響

(カロリー制限、継続的な運動、がんのサバイバーシップに関する教育)

○大腸がん患者に対する運動が与える影響

○卵巣がん患者に対する運動と野菜摂取量の増加が与える影響

まとめ

生活習慣とがんの発症リスクには関連性がある

がん告知後の生活習慣の改善は効果的である可能性がある

生活習慣の改善ががん患者の予後にどのように影響するかを検証した試験はまだ少ない

 低脂肪食と体重減少により、24%がんの再発率が減少した

果物・野菜・食物繊維の摂取量の増加、脂肪食の制限は効果がなかった

今後は生活習慣の改善が、がん患者の予後にどのような影響を与えるかを検証した試験がより多く行われることが期待される。

講演を聞いて

日本では告知を受けた後

病院では3大療法(手術、抗がん剤(化学療法)、放射線療法)が行われ

運動指導や栄養指導はあまり行われません

これに対してアメリカでは

統合医療を積極敵に導入し、患者さんはもちろん、家族を対象にした

教育や運動プログラムを導入しています

講演を行った演者(ジェニファー リジベル医師)の所属施設

ザキムセンターでの導入例

○グループプログラム

がん治療中や治療後に身体運動を指導

データに基づいたプログラムを腫瘍に関する資格を持ったインストラクターが指導

○ヨガ

毎種月曜日に実施

椅子に座って行ったり、ピラティスを併せて行ったりしている

○気功、太極拳

統合医療の導入に積極的に取り組む本学会には

世界各国から医師をはじめ、看護師、

自然療法医(ハーブなどを処方)、鍼灸師、

ヨガ、瞑想、気功などのインストラクター

など様々な医療関係者が参加していますが

残念ながら日本からは

統合医療を専門に行われているドクターが2名参加されているのみで

一般の保険診療を行っている医師の参加は1名もいらっしゃいませんでした

今後、統合医療が日本で普及するまでは相当な年月がかかるかと思われますが

少しでも多くの方に、海外で行われている統合医療の実態を知って頂き

ご健康にお役立て頂きたいと思いますので

今後も積極的に国際学会に参加し微力ながら、情報発信していきたいと思います。

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

元井章智

注)海外での学会発表内容のご紹介です

個別の症状の予防、改善を保証するものではなく

あくまで参考程度にとどめて頂き

疾病の診断治療は専門医の指導のもと行ってください。

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー