自律神経について

自律神経について

自然の写真

執筆:元井章智

免疫力の低下は

自律神経のバランスの乱れによって起こります。

このコラムでは免疫力に大きくかかわっている

【自律神経の働き】についてご紹介いたします

①自律神経はどんな働きをするの?

私たちは全身の機能を「自律神経」によってコントロールされ、

生命活動を維持しています。

呼吸・循環・消化・生殖などがスムーズに行なえるのは、

自律神経が健全に働いているおかげです。

例えば、運動すると脈拍が速くなります。

これは、運動によって筋肉が酸素を多量に消費するので、

筋肉に早く酸素を送りこもうと、脈拍が速まるわけです。

また暑いと汗をかいて熱を発散させ

寒いと血管を収縮させ熱を外部に出さないようにするのも

自律神経の働きです。

自律神経には

「交感神経」と「副交感神経」の2つがあり

どちらも人間の意志とは関係なく

無意識のうちに働いています。

m01

交感神経は「活動する神経」と言われ

エネルギーを使い、精神活動を活発化させる働きをします。

これに対し副交感神経は「休む神経」と言われ

内臓や器官をリラックスさせ

エネルギーを保存・回復させる働きをします。

この2つが必要に応じて切り替り

絶妙なコンビネーションを発揮することで

私たちの身体はスムーズに機能し健康を保てるのです。

②自律神経が乱れるとどうなるの?

自律神経が乱れると

「自律神経失調症」になり、身体のあちこちが不調に

交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず

自律神経のバランスが乱れると

免疫力の低下を含め身体のあちこちが不調になります。

いわゆる「自律神経失調症」です

自律神経は全身に張り巡らされているため

下の図のように身体のあらゆるところにさまざまな症状が表れます。

m02

人によってどこにどんな症状が出るかは違います。

しかも、厄介なことに

一見すると関係のないようないくつもの臓器に

症状が重複して表れることもあります。

こうした症状をすべて自律神経失調症だと言ってかたづけてしまい

重大な病気を見逃すことになるのは良くありません。

しかし、検査を受けてもこれといった異常が見つからない場合は

自律神経失調症の原因やメカニズムを知り

対策を考えたいものです。

もちろん対策が分かれば

自律神経失調症にならないよう気をつけることもできます。

③なぜ自律神経は乱れるの?

自律神経が乱れる主な原因は「ストレス」

自律神経は微妙なバランスで成り立っているため

乱れる原因も複雑に入り組んでいます。

また、自律神経失調症の症状が多様に表れるように

人によって乱れる原因は千差万別です。

それらの中でも、

大きな原因とされているのが「ストレス」です。

ストレスとは、心身が外的な刺激を受けて

心身にひずみが生じる状態のことを言います

身体的・精神的なものや物理的・環境的なもの、

さらには人間関係に代表される社会的なものといったように

ストレスには色々な種類があります。

現代はストレス社会と言われるほどストレスに満ちています。

ストレス度はその人の体質や性格、

物事の考え方や受け止め方によって異なってくることもあり

実際には、自律神経失調症にかかりやすい人と

そうでもない人がいるわけです。

■ストレスの種類

●身体的ストレス

病気、けが、睡眠不足、栄養不足、不規則な生活、身体疲労など

●精神的ストレス

健康や将来に対する不安、仕事などにおける精神的負担、身内の死や不幸、

失敗、失恋、挫折など

●社会的ストレス

仕事や学業に伴うさまざまな事柄や変化

●人間関係のストレス

人づきあい、他人とのトラブルなど

●物理的ストレス

気温の変化(温熱・寒冷)、気圧の変化(高気圧・低気圧)など

●環境的ストレス

騒音、公害、災害、照明、空気汚染、細菌やウイルス感染など

それでは、自律神経を整えて

免疫力を上げるには、どうすれば良いのでしょうか?

次のコラム

「免疫力を上げる6つのコツ」でご紹介いたします。

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー