アガリクスの研究論文

アガリクスの研究論文

研究論文

アガリクスには、いろいろな種類があり

菌株、産地、栽培方法、製品タイプで特長が大きく変わってきます

そのため

実際に飲んだ方の体感や数値(マーカー)などへの影響も大きく異なることから

ひとつの研究結果(論文や学会発表)が

すべてのアガリクスに当てはまるわけではありません

例:

キングアガリクス100(KA21株、ブラジル産、自然露地栽培、アガリクス100%)の

安全性や有用性に関する研究論文があっても

他のアガリクスで同じことが言えるわけではありません

そのような理由から、

それぞれのメーカー、研究施設が

KA21や岩出101などの菌株、

もしくは最終製品(キングアガリクス100など)ごとに

さまざまな研究開発が行われています

アガリクスの代表的な菌株の研究実績と研究施設

KA21(キング・アガリクス21)株

キングアガリクス100に使用されている菌株です

研究実績の目安となる海外論文発表実績は2000年以降24本とアガリクスの菌株の中では最多

研究施設:東栄新薬(キングアガリクス100のメーカー)、東京大学食の安全研究センター、慶應義塾大学医学部、東京薬科大学薬学部免疫学教室、順天堂大学医学部、近畿大学医学部、名古屋私立大学、麻布大学獣医学部などでの研究実績がある

岩出101株

古くから研究が行われていて、2000年以降の海外発表論文は8本

研究施設:岩出菌学研究所、三重大学、神戸大学、千葉大学、鈴鹿医療科学大学などでの研究実績がある

安全性・有用性関する様々な研究論文

上記のKA21(キング・アガリクス21)株、岩出101株に関する研究以外にも

様々な研究論文が発表されていますが

一部のエキスタイプのアガリクスには、

残念ながら【効果なし】【副作用あり】とするものもあります

アガリクスの研究論文(効果なし)

Int J Urol. 2010 Jun;17(6):548-54. doi: 10.1111/j.1442-2042.2010.02528.x. Epub 2010 Apr 19.

【Medical mushrooms used for biochemical failure after radical treatment for prostate cancer: an open-label study.】

Yoshimura K1, Kamoto T, Ogawa O, Matsui S, Tsuchiya N, Tada H, Murata K, Yoshimura K, Habuchi T, Fukushima M

放射線治療後も腫瘍マーカーであるPSAの上昇が見られる前立腺癌患者に

アガリクス(エキスタイプ)を6か月間摂取させたところ、

PSAの改善効果は観察されなかったという報告です。

(京都大学の発表)

アガリクスの研究論文(副作用あり)

Jpn J Clin Oncol. 2006 Dec;36(12):808-10. Epub 2006 Nov 14.

【An alternative medicine, Agaricus blazei, may have induced severe hepatic dysfunction in cancer patients.】

Mukai H1, Watanabe T, Ando M, Katsumata N.

エキスタイプのアガリクスを服用した3名の癌患者が重篤な肝障害に陥ったという報告です。

(国立がんセンター東病院の発表)

アガリクスの研究実績に関するまとめ

アガリクスは菌株、産地、栽培方法で特長が大きくことなります。

また、製品タイプごとにみても

キングアガリクス100に関しては

安全性・有用性に優れているといった研究論文がある一方、

エキスタイプでは【効果なし】、【副作用あり】といった研究論文もあるなど

製品ごとに特長が変わってきます

アガリクスを選ぶときには

菌株、産地、栽培方法はどうなっているか?

どのようにして製品化しているか?などに注目し

安全性・有用性に関する研究がしっかり行われている製品を選んでください

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

元井章智