腸管免疫力について

執筆:元井章智

健康とのかかわりが深い臓器、腸。

腸

その働きの一つとして、『腸管免疫力』が注目されています。

このコラムでは

『腸管免疫力』について

イラスト付きの劇場形式でご紹介いたします

さっそくですが、『腸管免疫劇場』をお楽しみください

↓↓↓

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私たち人間にはもともと体内に入ったウイルスや細菌

異物から自分の身体を守る免疫力が備わっています。

では、病原菌などの攻撃から身を守ってくれる

免疫力の中枢はどこになるかご存知ですか?

たくさんの免疫細胞

それは腸です

全身の免疫細胞の約60%

なんと半分以上が腸に集中して存在しています。

腸

腸と言えば食べたものを消化して

便として排泄する働きを思い浮かべる方が多いと思います。

実は、腸は臓器の中で最大の免疫器官で

その働きを『腸管免疫』と言います。

腸は小腸・大腸からなり

合わせると長さは7~9メートルで

広げてみると表面積は

テニスコート1面分に相当します。

03

腸は口から肛門まで続く

ちくわのような長い筒状の消化器の一部なんです

空洞になっていて外部と接しているので

『内なる外』と呼ばれています。

04

(イメージ:ヤマサより)

腸管では常に外部から侵入してくる

病原菌などの異物から身体を守るために

多くの免疫細胞が備わっているのです。

免疫細胞が腸のどこに集まっているかというと

腸管の粘膜の中にある

『パイエル板』というところです。

イラスト12

いわば免疫細胞の基地であり

腸管免疫のセンターです

これは腸管にしかない独自の組織です。

免疫細胞の基地

腸管免疫の仕組みを簡単に言うと、、、

まず、外敵を見つける偵察隊の免疫細胞が

パイエル板からパトロールに出ていきます

偵察隊

(偵察隊)

腸管内で病原菌などを見つけると

全身で待機している攻撃隊の免疫細胞に

病原菌やガン細胞などと戦うように指令を出します

攻撃開始

指令を受けた、全身にいる攻撃隊の免疫細胞は

対戦のスイッチが入り、

腸管内の病原菌はもちろん

他の場所にできた異物=ガン細胞なども攻撃するのです

攻撃

(攻撃隊)

ところで腸管免疫は病原菌を排除しますが

食べ物や腸内細菌などの安全なものは排除しません

この高い識別能力が腸管免疫の特長であり

その巧みな働きによって

身体は病原菌に打ち勝つことができるのです

そもそも腸には善玉菌と悪玉菌という

500種類以上の腸内細菌がバランスよく棲みついています

腸内が汚れてしまいこのバランスが崩れると

腸管免疫はうまく働きません

つまり腸がきれいで

腸の働きが活発に行われていると

腸管免疫力も全身の免疫力も高まります

ですから、腸内環境を整える食生活を心がけることが大切です

例えば腸の働きを活発にする

食物繊維を多く含む食品

(キノコ類、海藻類、さらに豆類や果物、野菜類など)

また、

腸の調子を整える乳酸菌などを多く摂るといいと思います

食物繊維にを多く含む食事

いかがですか?

腸管免疫の重要性はお解かり頂けましたか?

あなたも今日から腸に良い食べ物を

毎日おいしく食べましょう!!

そして、腸管免疫力をはじめ

全身の免疫力を高めて健康に過ごしましょう!!

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー