アガリクスに発がん性?風評被害について

アガリクスに発がん性? 風評被害について

d37e228576c5416ba2c0e8b5e80663df_s

以前、マスコミの偏った報道による

アガリクスに対する風評被害が起きたことがあります

アガリクスの風評被害~発がん性?~

2006年2月

厚生労働省より

「一部のアガリクス製品に発がんプロモーション」作用がある

といった発表がされました

(後ほど触れますが、

問題をなったのは一部の粗悪な中国産アガリクスです

その他のアガリクス製品については、

安全性に問題ないと厚生労働省から宣言されています

当時、アガリクスは、

補完代替医療に利用されるサプリメントの中で

最も高い支持を受けていて

補完代替医療を取り入れている方の

実に60%もの人がアガリクスを飲んでいました

002 (1)

その中で厚生労働省から先ほどの発表です

「一部のアガリクス製品に発がんプロモーション作用がある」

一部のアガリクス製品に、、、、

実際に問題を起こしたのは粗悪な中国産アガリクスでしたが

当時は「アガリクス」はどれも同じという認識でした

*現在は、「原材料や製品でかなり品質に差異がある」と厚生労働省も発表しています

そして後半の

発がんプロモーション作用がある

「発がんプロモーション作用」とは

発がん物質がガン化するのを促進する作用のことで

食塩などありふれた食材などにもある作用です

しかし

「発がんプロモーション作用」=「発がん性?」

聞きなれない言葉だけに誤解されました

そして広まったのが

「アガリクスに発がん性?」

「アガリクスを飲むとがんになるの?」

といった具合に、誤った情報だけが広まっていきました

そして、厚生労働省が調査を行おうとしたのですが

販売していた会社が調査に協力せず

サンプルの提出を拒否したため、原因は不明のまま

*現在は、問題の中国産アガリクス製品には

【土壌汚染による重金属のカドミウムが多くまれていた】

【輸送中にカビの繁殖を防ぐために大量のホルマリンが使用されていた】

このようなことが原因として考えられています

その間、風評被害が広がり

当時300億円以上あったとされるアガリクス市場は

100億円まで落ち込みました

キングアガリクス100にも影響が

【アガリクス=発がん性?】といった言葉の影響はあまりにも大きく

私たちのキングアガリクス100も風評被害を受けました

しかし、その間に頂いた、お客様からの多くの励ましの言葉

「生きていくために必要だから、苦しいだろうけどがんばって欲しい」

「本物のアガリクスはオタクだけだから、どうか販売を中止しないで欲しい」

また、研究者の方からの

「キングアガリクスは本当に優れた素材

多くの方の健康に役立ててもらえる可能性を秘めている

安全性など研究の分野でサポートするのでがんばって欲しい」

といった暖かい言葉を胸に、地道な努力を続けてきました

そして、風評被害の真っただ中にいた頃に

順天堂大学医学部で行った健康な人を対象とした試験で

キングアガリクス100の安全性が確認され

この研究結果はイギリスのオックスフォードジャーナルという科学雑誌に論文掲載され

世界的にも高く評価されるようになりました

その後、【アガリクスに発がん性?】といった風評被害が起きてから3年が経過

ようやく2009年厚生労働省から

問題をおこした中国産アガリクス以外では

アガリクスに関する健康被害の報告はない

とする【事実上の安全宣言】が出されましたが

しかし、【アガリクスに発がん性?】といったイメージがあまりにも強く

今でも、アガリクス全体の市場は伸び悩んでいます

そのような中、

キングアガリクス100は安全性などに関する研究を地道に続け

もともとの他のアガリクスとは違った素材としての優位性もあり

現在では、より多くのお客様にご愛顧頂けるようになりました

glf

今後も【私たちしか本物のアガリクスを扱っていない】

といった責任の下、

お客様の安心・安全のために研究開発を続けて行きたいと思います

株式会社ケーエーナチュラルフーズ

元井章智